スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

プラハ城より

プラハ城より

こんばんは。

すっかり寒くなりましたね…  昨夜は思わず毛布を引っ張り出してしまいました。


さて、今日の写真はプラハ城の聖ヴィート大聖堂から見たプラハの街の眺めです。

中央に流れているのが ヴルタヴァ川。 右側に架かっているのが有名なカレル橋です。
いつもたくさんの観光客で賑わっています。

オレンジ色の屋根が街全体の統一感につながっていて良いですね。

世界遺産

Logo
↑ 1日1回ポチッとお願いします。 筆者のモチベーションが上がります。
台風27号が心配です… 

プラハ城

プラハ城

こんばんは。

10月に入って本当に秋らしくなりましたね。
秋の夜長は、ついつい夜更かししてしまいます…

さて、今日は久しぶりにチェコの首都 プラハをご紹介しましょう。

「百塔の街」 と呼ばれる美しいプラハの街ですが、その中でも
ヴルタヴァ川越しに見るこの風景は定番中の定番ですね。

丘の上に広がるのがプラハ城。
そびえる尖塔が聖ヴィート大聖堂です。

ゆっくりスケッチしたくなりますね…

世界遺産

Logo
↑ 1日1回ポチッとお願いします。 筆者のモチベーションが上がります。
アニソンCXというCDを買いました。 期待を超える出来栄えにビックリ。 

ヴルタヴァ川の流れ

ヴルタヴァ川の流れ

こんばんは。

10月に入り、すっかり涼しくなりましたね。

久しぶりの三連休ですが、あいにくの雨…
今日は一日、ボーッとしていました。

赴任していた当時は、この季節によく、大陸の街に出かけていました。
最近、秋の涼しい風を感じると、なんとなくですが、訪れた街の雰囲気を思い出しています。

今日の写真は、そんな中からの一枚。

プラハの聖ヴィート大聖堂の上から眺めたヴルタヴァ川です。

たくさんの橋と陽に照らされた黄葉…  気持ちいい眺めでした。


Logo
↑ 1日1回ポチッとお願いします。 筆者のモチベーションが上がります。
ノーベル化学賞を受賞された鈴木先生、おめでとうございます。 学生時代に授業を受けていました。 

夕暮れの大聖堂

聖ヴィート大聖堂

こんばんは。

昨晩のことになりますが、空を見上げると綺麗に晴れていたので、
街の灯りの少ない山の方へクルマを走らせました。

ちょうどピークを迎えるオリオン座流星群を見ることが目的です。

みんな考えることは同じなようで、たくさんの人がすでに集まっていました。

寒かったですが、1時間で10個ほど流れ星を見ることができました。

数年前に見た獅子座流星群には及びませんでしたが、久々の天体ショーは
楽しかったです。

さて、今日の写真は、流星とは何の関係もありません。
プラハ城内にある聖ヴィート大聖堂です。

夕暮れ時、暖色系のライティングに浮かび上がったゴシック様式の大聖堂は
とても迫力がありました。

世界遺産

Logo
↑ 1日1回ポチッとお願いします。 筆者のモチベーションが上がります。
明日は教育です。 1週間があっという間に過ぎ去ります…

聖人とプラハ城

聖人とプラハ城

こんばんは。

プラハの旅を続けましょう。

ヴルタヴァ川にかかるカレル橋の欄干には30体の聖人像が並んでいます。

その中でも一番、観光客が集まっているのが聖ヤン・ネポムツキー像です。

像の台座のレリーフに触ると幸運が訪れると言われ、たくさんの人が次々に
レリーフを撫でていました。

触られる箇所は決まっていて、その部分だけ金色に輝いていました。

もちろん、私もちゃんと撫でてきましたよ。

世界遺産

Logo
↑ 1日1回ポチッとお願いします。 筆者のモチベーションが上がります。
オリオン座流星群が明日、ピークのようですね。 晴れるといいなぁ…

聖ミクラーシュ教会

聖ミクラーシュ教会

こんばんは。

昨日は出張で名古屋に行って来ました。
味噌煮込みうどんがおいしかったです。

さて、気がつくと10月も中旬。
UK赴任中は、この季節、積極的に大陸側に出かけていました。

ちょうど4年前のこの季節 (もう4年前かぁ…) に訪れたプラハの街を
紹介しましょう。

写真は旧市街広場の傍らに建つ聖ミクラーシュ教会です。

バロック様式の傑作として有名な教会で、白亜の壁がとても綺麗でした。

内部も、白い壁と天井のフレスコ画の組み合わせが美しい清楚な空間でした。

世界遺産

Logo
↑ 1日1回ポチッとお願いします。 筆者のモチベーションが上がります。
我が家のヤマボウシの葉も色づき始めました。 秋は深まりますね…

月

百塔の町 プラハの夕刻。

青紫色の空にポッカリ月が浮かんでいました。


Logo
↑ 1日1回ポチッとお願いします。 筆者のモチベーションが上がります。
旅に出ます…

プラハの旧市庁舎

プラハの旧市庁舎

プラハの旧市街広場はいつもたくさんの観光客で賑わっています。

写真は旧市庁舎の塔でティーン教会と並んで、旧市街広場のシンボル的
存在となっています。

この旧市庁舎の入り口付近に有名な天文時計があります。
たいへん緻密なからくり時計で、見るのを楽しみにしていたのですが、
あいにく、修復工事中でした。

ぜひ再訪して見てみたいですね。

世界遺産

Logo
↑ 1日1回ポチッとお願いします。 筆者のモチベーションが上がります。
最近、夜、眠くてたまりません。 歳ですね…

アルフォンス・ミュシャ

ミュシャのステンドグラス

プラハの街を訪れて、一人の画家を知ることになりました。
アルフォンス・ミュシャです。

チェコの画家で、現地語ではムハ(Mucha)と読むそうです。

たまたまプラハで泊まったホテルが HOTEL Mucha。
それが有名な画家に由来するなんて全く気付きませんでした。
Mucha… 無茶? 変な名前! ってな感じ。

ホテルの部屋にもミュシャの絵がたくさん飾られていました。

その絵は美しい色彩で描かれた女性の肖像画のポスターで、
どれもどこかで見たことがあるものでした。

興味が湧いたので、早速、ミュシャ美術館へ。

作品を仕上げるまでの、たくさんの習作やスケッチを見ていると、
彼の絵の中の美しい曲線は、すべて自然をモチーフにしている
ことに気付きます。

例えば植物をスケッチして、その線を繰り返しなぞっているうちに
本質的な美しい一本の線が見えてくるという感じ…

すっかり、彼の絵のファンになってしまいました。

写真はプラハ城の聖ヴィート大聖堂にあるミュシャの手による
ステンドグラスです。

他のステンドグラスも素晴らしいですが、やっぱりこれが一番です。

世界遺産

Logo
↑ 1日1回ポチッとお願いします。 筆者のモチベーションが上がります。
10月も、もう中旬。 信じられないスピードです。

シナゴーグ

旧新シナゴーグ

プラハの旧市街の北側にユダヤ人街があります。

旧市街の中心部はお土産屋さんが並び、観光客で賑わっていますが、
ここは心なしか、ひっそりした感じがします。

写真は旧新シナゴーグ。

シナゴーグとはユダヤ教の会堂のことで、ここは現在使用されている
ヨーロッパ最古のシナゴーグだそうです。

内部に入る時はキッパと呼ばれる小さな帽子をかぶらなければなりません。
チケットと一緒に紙のキッパを頂き、私もシナゴーグの中に入ってみました。

歴史の重さを感じさせる空間でした。

世界遺産

Logo
↑ 1日1回ポチッとお願いします。 筆者のモチベーションが上がります。
三連休の最終日。 お天気も良いので出かけようかな!

プラハのティーン教会

プラハのティーン教会

プラハは 「 百塔の町 」 と呼ばれ、美しい塔がたくさんそびえています。
その中でも、このティーン教会は、間違いなくトップクラスでしょう。

小さな塔を組み合わせ、きれいに左右対象を描く2本の尖塔は、とてもユニーク。
非常にシャープな印象を受けました。

高さもあって、旧市街広場から見上げる姿は迫力満点。
なんとなく男らしい感じがしたのは、黒っぽい外見のせいかもしれません。

世界遺産

Logo
↑ Click Please !!  FC2ブログランキングに参加しています。
長峰山から見た北アルプスと安曇野の風景がTVで映りました。 吸い込まれそうな美しさ。
川端康成、井上靖、東山魁夷の三人が一緒に訪れ、「残したい静けさ、美しさ」と絶賛したとか… 
行きたくなりました。

路面電車のある風景 プラハ編

プラハの路面電車

ヨーロッパの多くの街では、今も路面電車が元気に走っています。
これがまた、ヨーロッパの古い街並みによく似合うのです。
そこでしばらく 「 路面電車のある風景 」 と題して、個性的な路面電車を紹介していこうと思います。

第一弾はプラハの路面電車です。
カレル橋の一つ下流側のマーネス橋を渡っているところです。

丸みを帯びたボディに赤とクリーム色の2トーンがとてもかわいい路面電車です。
実際に乗ってみましたが、旧市街から川を渡ってプラハ城側に移動するのにとても便利でした。

世界遺産

Logo
↑ Click Please !!  FC2ブログランキングに参加しています。
出かけようと思ったのですが、台風20号の影響で外はもの凄い風と雨。
あきらめて、お家でじっとしています。 こんな早い時間のアップは久しぶりだなぁ…

夕暮れのカレル橋

夕暮れのカレル橋

ヴルタヴァ川にかかるプラハ最古の石橋がカレル橋です。
旧市街側の塔の上にのぼって、左岸のプラハ城方面を眺めました。
右上に見える塔がプラハ城です。
( 参照: プラハ城とヴルタヴァ川

昼間はたくさんの観光客で賑うカレル橋も、少し落ち着きを取り戻す時間帯。
暗くなるごとに、街の明かりが美しく輝き始めます。

世界遺産

Logo
FC2ブログランキングに参加しています。
よろしければ1クリックお願いします!

プラハ城とヴルタヴァ川

プラハ

チェコの首都 プラハです。
「百塔の街」と呼ばれる美しい街です。

小高い丘のてっぺんの塔が聖ヴィート大聖堂。
その下にオレンジ色の屋根が見えますが、これがプラハ城です。
写真の右の方まで延々と続くとても大きなお城です。

手前にゆったり流れているのがヴルタヴァ川。
日本人にはモルダウの名前でおなじみです。
スメタナの名曲を思い浮かべて川の流れを眺めていると、かなりシンミリときます。

世界遺産

Logo
FC2ブログランキングに参加しています。
1日1クリックしていただくと、1票入ります。

FC2カウンター

プロフィール

Nobby

Author:Nobby

1日1ポチお願いします

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。