スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

夕暮れのベルゲン

夕暮れのベルゲン

こんばんは。

今日から夏休みに入りました。

ここ数週間もバタバタ続き…  1学期はあっという間に終わってしまいました。
まぁ、それだけ充実した毎日だったということかと思います。

夏休み初日は溜まった疲れを癒すために整体に行ってきました。 
骨盤が凝り固まってるねと先生に言われました…


さて、今日の写真はちょうど8年前の今日の写真です。
夏休みを利用して、ノルウェーの港町 ベルゲンを訪れたときのものです。

昼間はあいにくの雨の中、フィヨルド・ツアーに出かけていたのですが、
夕方にベルゲンの町に戻ってきたときにはすっかり雨もあがり、
素晴らしい夕景を見ることができました。


Logo
↑ 1日1回ポチッとお願いします。 筆者のモチベーションが上がります。
CASIOPEA 3rdのライブ、最高でした! 

マトリョーシカ

マトリョーシカ

こんばんは。

今年は節電対応で長めの夏休みを取っています。

いろいろやりたいことはあったのですが、結局というか、
夜更かしに寝坊と、ダラダラな毎日を送ってしまいました。
社会復帰が相当、辛そうです…

さて、今日の写真はベルゲンのマーケットで見つけたお土産です。
どこかで見たことがあるキャラクターがチラホラ…


Logo
↑ 1日1回ポチッとお願いします。 筆者のモチベーションがあがります。
実家に4日ほど帰っていました。戻って体重を計るとかなり衝撃的な数字でした…

エイドフィヨルド

エイドフィヨルド

こんばんは。

あっという間に9月ですね。
寒くなったり、暑くなったりで、いまいち体調がすっきりしません。

さて、今日の写真はハダンゲル・フィヨルドの東端の町 
エイドフィヨルドの雄大な眺めです。

この町からノルウェーで一番高い滝 Vöringsfossenに向かいました。

白い岩肌と緑のバランスが素敵です。


Logo
↑ 1日1回ポチッとお願いします。 筆者のモチベーションが上がります。
結局、お台場のガンダムは見れませんでした。 どこかに復活するといいなぁ… 

ブリッゲンの店先

ブリッゲンの店先

こんばんは。

虫の声を聞きながら、のんびり迎える週末はいいですね。

今日の写真はベルゲンのブリッゲンで見かけた素敵なお店です。

ハンザ商人の貿易で栄えたブリッゲンは三角屋根の木の家が
たくさん連なり、奥に深いのです。

このお店も、メインの通りから奥に入ったところにありました。
ハーダンガーの刺繍屋さんです。

ついつい立ち寄りたくなりますね。


Logo
↑ 1日1回ポチッとお願いします。 筆者のモチベーションが上がります。
明朝は一人野鳥撮影会の予定なので、もう寝ます。 おやすみなさい… 

青い入り江

青い入り江

こんばんは。

ストックホルムからベルゲンへのフライトの途中、窓から雄大な
フィヨルドを見ることができました。

青のグラデーションが綺麗な入り江を発見。

ここで降ろして! という感じですね。


Logo
↑ 1日1回ポチッとお願いします。 筆者のモチベーションが上がります。
今週は時間が経つのが早い気がします。 さぁ、あと一日。 

フロイエン山より

フロイエン山より

ベルゲン最終日は早朝4:30にはホテルを出発して朝一の
フライトでイギリスに戻りました。

ちょうどこの2日前にロンドンでテロ未遂事件があったので、
帰国できるか不安いっぱいでしたが、なんとか無事に
スタンステッド空港に降り立つことができました。

フロイエン山から眺めた夕暮れ近いベルゲンの港の写真を
お届けして、夏休み北欧の旅を締めくくりたいと思います。


Logo
↑ 1日1回ポチッとお願いします。 筆者のモチベーションが上がります。
明日はもう一日お休みを頂いてゴルフです。 なので、もう寝ます。 おやすみなさい…

フィヨルドの谷

Mabodalenの渓谷

ベルゲン4日目はハダンゲル・フィヨルドを目指しました。

同じく早朝にベルゲン駅を出発し、ヴォス駅まで移動。
そこからバスでハダンゲル・フィヨルドの北東の外れ
ウルヴィークへ向かいます。

順調に来すぎたのか、フィヨルド・ツアーの船が来るまで
港でしばらく待たされました。

船が最初に寄港したのがハダンゲル・フィヨルドの東の外れ
エイドフィヨルドの町です。

ここで約3時間の自由時間。

エイドフィヨルドの港近辺を散策するか、オプションの
ネイチャー・センター&Vöringsfossenの滝ツアーに
参加するかを選択させられます。

エイドフィヨルドの港はお土産屋さんが数件ある程度で、
さすがに3時間は持て余すなと思ったので、結局、
ツアーに参加することにしました。
( まんまとうまい商売にハマっています。 )

それにしても、ノルウェーは物価が高いです。
オプション・ツアー代も結構なお値段だったと記憶しています。

写真はVöringsfossenと呼ばれるノルウェーで一番高い滝…
の下流です。

この写真の手前左に数段に渡って豪快に流れ落ちる滝が
あるのですが、敢えて、下流の渓谷の眺めを紹介します。

ここも氷河によって削られた典型的なフィヨルド地形なのでしょう。
男性的な岩肌が印象的でした。

この眺めは高いオプション料金を払うのに値します。


Logo
↑ 1日1回ポチッとお願いします。 筆者のモチベーションが上がります。
すっかり夜更かし→朝寝坊のクセがついてしまいました。 そろそろ戻していかないとヤバいです。

ベルゲンのマリア教会

マリア教会の祭壇

ベルゲン3日目は町歩きをすることにしました。

ブリッゲン通りを海側に少し歩くとマリア教会があります。

ベルゲン最古の教会で、ハンザ商人たちも通ったそうです。

石のザラザラ感が残った壁、天井のアーチの手描きの模様など、
素朴な感じがする素敵な教会でした。


Logo
↑ 1日1回ポチッとお願いします。 筆者のモチベーションが上がります。
オリンピックの水泳競技を見ていて、改めてバタフライができる人を尊敬します。

ソグネ・フィヨルド

ネーロイ・フィヨルド

ベルゲン2日目は念願のフィヨルドの旅に出発しました。

早朝にベルゲン駅から鉄道で出発する周遊ツアーがいくつかあり、
この日はソグネ・フィヨルドを目指すことに。

まず、ベルゲン鉄道でミュールダール駅まで移動します。
そこでフロム鉄道に乗り換え、フェリー出発地のフロムへ向かいます。

ソグネ・フィヨルド南部の細く入り組んだ部分は、アウルラン・フィヨルド、
ネーロイ・フィヨルドと呼ばれています。

フェリーの到着地グドヴァンゲンまでの約2時間、両岸の断崖絶壁、
岩の間から流れ落ちる滝、山の上に残った雪渓など、
素晴らしい景観を楽しむことができました。

お天気はあいにくの雨。
これが晴れていたら、さらに迫力の景色だったことでしょう。

ちなみに、ベルゲン→フロム鉄道→ソグネ・フィヨルドのルートは、
今、劇場で公開されているポケモンの映画の舞台のモデルに
なっています。

映画の舞台にふさわしい大迫力の景色でした。


Logo
↑ 1日1回ポチッとお願いします。 筆者のモチベーションが上がります。
今日は遅ればせながら、残暑見舞いを書いていました。 
読者の皆様にも、残暑お見舞い申し上げます。

ベルゲンの港

ベルゲンの港

北欧の旅 最後はノルウェーのベルゲンにやってきました。

到着して早速、有名な魚市場に繰り出しました。

見事な快晴。

カモメも気持ちよさそうに飛んでいました。


Logo
↑ 1日1回ポチッとお願いします。 筆者のモチベーションが上がります。
思い立ったが何とやら… で、3日間ほど実家に帰ってました。 疲れました…

ベルゲンのブリッゲン

ベルゲンのブリッゲン

ベルゲンの港に沿って、おもちゃのような建物が並んでいます。
かつてのハンザ商人たちの居住地 ブリッゲンです。
( 参照: ハンザ同盟

カラフルな建物の後ろにも三角屋根の建物が軒を連ねています。
ハンザ商人たちはここでも大活躍だったようです。

今はお土産さんになっていて、たくさんの観光客で賑わっています。

夏休みの旅シリーズ いかがでしたでしょうか?
スイス・北欧ともに素晴らしい景色を満喫することができました。
他にも素敵なポイントがあったのでまたの機会に紹介します。

世界遺産

Logo
FC2ブログランキングに参加しています。
ベルゲンに行ってみたくなった方は1クリックお願いします!


フィヨルド 空撮

フィヨルド

北欧は昨年(2006年)の夏休みに行ってきました。
UK → コペンハーゲン → ストックホルム → ベルゲン → UK と飛行機を4回乗り継ぐ強行軍でした。

この写真はベルゲンへの機内から見たフィヨルドです。

この後、フィヨルド・ツアーにも行きましたが、下界からはフィヨルドの上部がこんな風になっているとは想像すらできませんでした。

自然は偉大です。


Logo
FC2ブログランキングに参加しています。
1日1クリックしていただくと、10ポイント加算されます。 いつも応援ありがとうございます!

ベルゲンの魚市場

ベルゲンの魚市場

残暑お見舞い申し上げます。
5年ぶりの日本の夏は結構辛いです。
今週は夏休みに行ったところを特集してみたいと思います。

第一弾はノルウェーのベルゲンです。
フィヨルド観光の拠点として有名な港町です。

湾の一番奥まったところに魚市場があります。
いつもたくさんの観光客でにぎわっています。

赤い屋根の屋台に、さまざまな魚介類が並びます。
なかでも、サーモンやエビ・カニなどを贅沢に盛り付けたオープン・サンドが
宝石のようにずらっと並ぶ様は圧巻でした。


Logo
FC2ブログランキングに参加しています。
1日1クリックしていただくと、1票入ります。 いつも応援ありがとうございます!


FC2カウンター

プロフィール

Nobby

Author:Nobby

1日1ポチお願いします

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。