スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ロシアの脅威

アレクサンドル・ネフスキー聖堂

こんばんは。

桜もすっかり散ってしまいましたね。
なのに、この花粉の量はなんということでしょう…
きっと杉から檜に変わっていると思いますが、
私のセンサはあいかわらず、過敏に反応しています。

さて、今日の写真はエストニアの首都 タリンの旧市街にそびえる
アレクサンドル・ネフスキー教会です。

私がヨーロッパで訪れた唯一のロシア正教の教会です。
パルナスのCMが流れてきそうな(歳がバレる?)特徴的な外観ですね。

実はこの教会、国の議会も入っているトームペア城の真正面に建っています。
エストニアの人にとって独立後も残る、目の上のたんこぶと言ったところでしょうか…

世界遺産

Logo
↑ 1日1回ポチッとお願いします。 筆者のモチベーションが上がります。
エストニアを訪れたのも、もう5年前です。 早い… 

ラエコヤ広場と旧市庁舎

ラエコヤ広場と旧市庁舎

こんばんは。

年度初めで忙しい毎日を送っています。
なんとかGWまで乗り切りたいです。

今日の写真はタリン旧市街の中心部、
ラエコヤ広場と旧市庁舎です。

暖色系でライトアップされた市庁舎とトワイライトゾーンの
群青のコントラストが綺麗ですね。

世界遺産

Logo
↑ 1日1回ポチッとお願いします。 筆者のモチベーションが上がります。
F-1中国GPはレッドブルの初優勝でした。 実はレッドブルのお膝元はミルトンキーンズ。
きっと今頃、お祭り騒ぎでしょう!

タリンの街角

タリンの街角

タリン旧市街の西側のトームペア。

ツバメの看板には 「SUVENIIRID」  
お土産屋さんでしょう。

夕暮れ時で人気もなく、異空間に迷い込んだようでした…

世界遺産

Logo
↑ 1日1回ポチッとお願いします。 筆者のモチベーションが上がります。
今日は久しぶりの雨でした。 新緑も潤ったことでしょう。

さらば タリン

タリンの港

滞在3日目の朝、タリンの街を後にしました。

タリン発 8時15分 
バイキング・ラインというフェリー会社のROSELLA号という大きな船でした。

フェリーに乗るときにパスポート・コントロールがあり、船のマークの入った
出国スタンプを押してくれました。
船で国境を越えるのは、このときが初めてだったと思います。

チケットは、前日にフェリー・ターミナルを探してゲットしておきました。
フェリー会社によってターミナルが異なり、それぞれが少し離れていたので、
かなりウロチョロしてしまいました。

甲板からはタリンの旧市街全体をきれいに見渡すことができました。
海から眺める旧市街は、また格別でした。

さぁ、目指すは北欧フィンランドの首都 ヘルシンキです!


Logo
↑ 1日1回ポチッとお願いします。 筆者のモチベーションにつながります。
眠くて頭が思考停止しています。 パニッパニなのでお休みなさい。

タリンの三人姉妹

タリンの三人姉妹

タリン旧市街のお散歩は続きます。

写真は15世紀に建てられた商家の集合体で、正面のファサードが女性的な感じが
することから、「三人姉妹」 と呼ばれています。

今はホテルになっています。
その名も 「The Three Sisters」   そのまんまです。

建物の正面の三角屋根の下あたりに、棒状のものが外に向かって伸びているのが
ご覧頂けると思います。 

これは屋根裏部屋に荷物を引き上げるために使われた言わばクレーンなのです。
他の建物でもたくさん見ることができました。

タリンもハンザ同盟都市のひとつでドイツの影響を大きく受けていました。
ドイツ本国の中世の街並みは、第二次世界大戦で大半が焼失してしまいましたが、
タリンにはまだそれが昔のままの姿で残されています。
まさか、エストニアで中世ドイツの街並みが見れるとは思いもしませんでした。

世界遺産

Logo
↑ 1日1回ポチッとお願いします。 筆者のモチベーションにつながります。
GWにゴルフのお誘いを受けました。 でも、体は鈍りまくっています。 とりあえず、打ちっ放しに行こ! 

カタリーナの通路

カタリーナの通路

2年前の今日、エストニアのタリンを訪れました。
1週間前はクラクフ、2週間前はトスカーナ…
今思えば、かなり無茶なことをしていました…

エストニアはバルト三国の中で最も北側にあり、バルト海に面しています。
首都タリンも海沿いの街です。

UKからは格安航空会社のeasyJetが飛んでいて、意外とアクセスが良いのです。

タリンの見所はやはり、世界遺産に指定されている旧市街でしょう。
約2.5kmの城壁に囲まれているエリアだけ完全に別世界です。
旧市街の外は、工事が途中で放置された場所があったりして、ちょっと殺風景です。 
旧ソ連時代のなごりでしょうか…

旧市街の中は、本当に街歩きが楽しいエリアです。
古い石造りの建物、細い路地、ユーモラスなデザインの看板、小窓のちょっとした
飾り付け などなど…  どこを切り取っても絵になります。

写真は、ドミニコ修道院の南側にあるカタリーナの通路と呼ばれる小道です。
通りを挟んで、両側の建物を細い屋根がつないでいます。

この屋根の機能性ははなはだ疑問ですが、とても雰囲気の良い空間でした。

世界遺産

Logo
↑ 1日1回ポチッとお願いします。 筆者のモチベーションにつながります。
今日は寒い一日でした。 なので、またスーパー銭湯に行っちゃいました。 極楽、極楽…

路面電車のある風景 タリン編

タリンの路面電車

タリンの路面電車は広告が多めで、様々なカラーリングが施されていました。
写真のものはエストニアの国立オペラの広告でなかなかきれいな色でした。

旧市街の城壁の内側は、すっかり観光地化されていますが、周辺部はまだまだ開発が進んでいません。 ちょっと物悲しい感じがしました。
 
ちなみにエストニアの国別コードは 「 .ee 」 でした。

Logo
↑ Click Please !!  FC2ブログランキングに参加しています。
イギリスで一緒に仕事をしていた英人が出張で来日しました。
早いもので日本に戻って7か月になりますが、そんな時間も忘れて昔のように話ができて楽しかったです。

タリン旧市街

タリン旧市街

エストニアの首都 タリンの旧市街です。

街の西側にトームペアと呼ばれる小高い丘があります。
この写真はそのトームペアの北側にある展望台からの眺めです。

真ん中に見える背の高い塔は聖オレフ教会。
それを取り囲む城壁と可愛らしい円錐形の屋根を持つ塔。
遠くに見えるバルト海。

お気に入りの景色です。

世界遺産

Logo
FC2ブログランキングに参加しています。
よろしければ1クリックお願いします!

FC2カウンター

プロフィール

Nobby

Author:Nobby

1日1ポチお願いします

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。