スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

百水

百水

こんばんは。

暮れも押し迫ってまいりました。

毎年言っているような気がしますが、2015年はさらに輪をかけて、あっという間の一年でした。
それだけ、充実した年だったということでしょう。
特に病気をすることも無く、元気に過ごせたことに感謝したいと思います。

先日は風景写真同好会のお仲間と鎌倉に久しぶりの撮影会に行ってきました。
実はレンズを一本、新調しました…
そのシェイクダウンも兼ねての撮影会だったのですが、いつもの通り、楽しい時間を
過ごすことができました。
次回の集合は年明け早々。 場所は… 内緒にしておきます。


さて、今日の写真は9年前のこの季節に訪れたウィーンの街より、
フンデルトヴァッサー・ハウスと呼ばれる市営住宅です。

カラフルで曲線を多用したパッチワークのような実にユニークな建物です。

オーストリアの画家であり建築家であるフンデルトヴァッサーさんが、植物と共に生きることを
テーマに、相当拘って造った作品です。

建物の中のトイレがまた奇抜で個性的なものでした。 入場料 0.60€ 取られました…

この建物の感じ、どこかで見たことがあるなぁと思っていたのですが、大阪の舞州にある
大阪市環境局のゴミ処理場も彼の作品でした。
一目見ただけで分かるというのは、素晴らしいことだと思います。


今年の更新はこれが最後になります。
月1ペースを守るのがやっとという感じでしたね… 
温めている新企画もまだ実現できていません。
まっ、細々と続けたいと思いますので、気長にお付き合いいただければありがたいです。
みなさま、良いお年をお迎え下さい。


Logo
↑ 1日1回ポチッとお願いします。 筆者のモチベーションが上がります。
SW 2回見ました! よかったです。 

良いお年を!

シュテファン寺院

こんばんは。

今年も残すところ、あと数時間となりました。

今日はやっと重い腰をあげて、家の掃除をしました。
なんとか片付け終わり、今はこたつに入ってのんびり紅白を見ています。

さて、今年のラストを締めくくる写真はウィーン旧市街の中心にそびえる
シュテファン寺院です。

残念ながら尖塔は修復中でその全貌を見ることはできませんでしたが、
それでも、ゴシック様式の荘厳な姿は圧倒的な迫力でした。

2009年の更新はこれが最後になります。
今年もたくさん訪問して下さり、ありがとうございました。
来年はこのブログも4年目に突入しますので、そろそろ何か新しいことでも
考えてみようかな…?  期待せずに待っていて下さい。(^_^;)

では、みなさん 良いお年を!

世界遺産

Logo
↑ 1日1回ポチッとお願いします。 筆者のモチベーションが上がります。
今年最後の鳥撮りは絶不調でした。 来年は鳥運にも恵まれますように!

シェーンブルン宮殿

シェーンブルン宮殿

こんばんは。

今日は久しぶりに映画に行って来ました。 
「カールじいさんの空飛ぶ家」
ちょっと期待し過ぎていたかも…

さて、今日の写真はウィーン郊外にあるシェーンブルン宮殿です。

本当に寒い日で、周辺の木々は霧氷で真っ白でした。

マリア・テレジアにちなんでテレジア・イエローと呼ばれる宮殿は
白銀の世界の中で、ひときわ映えていました。

世界遺産

Logo
↑ 1日1回ポチッとお願いします。 筆者のモチベーションが上がります。
明日は今年最後?の鳥撮りです。

しめ縄?

藁の馬

ブタちゃんの次はお馬ちゃんです。

これも、ザルツブルクのマーケットで見つけました。

なんとなく、しめ縄チックですね。


Logo
↑ 1日1回ポチッとお願いします。 筆者のモチベーションが上がります。
明日は5時起きなのでもう寝ます。 おやすみなさい…

ブタ・ブタ・コブタ

ブタちゃんのお菓子

ザルツブルクの街で見かけたブタちゃんのお菓子です。

他にもたくさんの種類のブタちゃんのお菓子がありました。

食べるのに気が引けちゃいますね。


Logo
↑ 1日1回ポチッとお願いします。 筆者のモチベーションが上がります。
週末は家にこもってお仕事でした。 今週も忙しいぞぉ…

塩の街

ザルツブルク遠景

こんばんは。

一度寝たのですが、目が覚めちゃいました。
明日は朝一から会議なのに…
夜更かしはいけません。

さて、今日はオーストリアに行ってみましょう。
モーツァルト生誕の地として有名なザルツブルクです。

ザルツブルク (Salz burg) とは 「塩の城」 という意味で、
実際に塩の交易で栄えたそうです。

街の中心を流れるのはザルツァッハ川 = 「塩の川」 
まさに塩の街ですね。

写真は街の南側の丘の上にそびえるホーエンザルツブルク城
からの眺めです。

こじんまりとした街ですが、大聖堂(DOM)や大司教館などが
ぎゅっと集まっていて、見ごたえ十分。

さすが世界遺産の街ですね。

世界遺産

Logo
↑ 1日1回ポチッとお願いします。 筆者のモチベーションが上がります。
1月も半分が終わりましたね。 早く春にならないかなぁ…

ウィーン最古の教会

ルプレヒト教会

ウィーン最古の教会 ルプレヒト教会です。

リング内の北の外れ ドナウ運河を見下ろす高台に
背の高い建物に囲まれてひっそりとたたずんでいました。

からまるツタがいい感じでした。


Logo
↑ 1日1回ポチッとお願いします。 筆者のモチベーションが上がります。
今日は初詣に行ってきました。 平和な一年でありますように… 

良いお年を!

ウィーンのオペラ座

こんばんは。

年も押迫ったこの時期に、奥日光へ一泊旅行に行ってきました。
久しぶりに本格的な雪景色と温泉を楽しむことができました。

さて、今日の写真は2年前に訪れたウィーンのオペラ座です。

ライトアップが眩しいくらいで、リング (環状道路) 沿いの
建物の中でも、一際輝いていました。


2008年の更新はこれで最後になります。
今年もたくさんアクセスして頂き、ありがとうございました。
最近ちょっとペースが落ちていますが、来年も地道に書いて
いきたいと思いますので、よろしくお願い致します。

では、みなさん 良いお年を!


Logo
↑ 1日1回ポチッとお願いします。 筆者のモチベーションが上がります。
スタッドレスタイヤを買いました。 早速、大活躍でした! 

路面電車のある風景 ウィーン編

ウィーンの路面電車

ウィーンの路面電車は国旗と同じ赤と白の2トーン。

車両の先端が全体的に丸くなっていて、可愛いらしいです。
今まで見た路面電車の中では一番、幅が狭かったような気がします。

「 路面電車のある風景 」 シリーズ第二弾 いかがでしたでしょうか?
改めて、お国ごとの個性の違いを見ることができて、面白かったです。 
 
またの機会に。


Logo
↑ 1日1回ポチッとお願いします。 筆者のモチベーションがあがります。
また、パソコンの前で寝てしまいました…

ヨーロッパのサービス

コレギエン教会

ザルツブルクのコレギエン教会です。

教会の前の広場にはお花屋さん、八百屋さん、名物のプレッツェル屋さんなど、
たくさんのお店が出ていて、街歩きを楽しむことができました。

空には月も見えていました。 この時は…


夜の7時ごろにザルツブルクの街を後にし、タクシーで空港に向かいました。
空港までは30分もかかりませんでしたが、途中、霧が深くなってきたのです。
タクシーの運転手は 「 今日はダメかも… 」 なんて縁起でもないことを言うのです。

気を取り直して、チェック・イン。
フライトは21:55発 スタンステッド行き ザルツブルク空港発の最終便です。

航空会社はライアン・エア ( Ryanair )
日本の方にはあまり馴染みがないと思いますが、欧州格安航空会社の草分けで
イギリス在住中はたいへんお世話になりました。

出発の時間が迫るのですが、20時台のフライトから、ずっとディレイの表示。

そして、アナウンスの後にどよめきが…

フライトは濃霧のため、キャンセルになってしまったのです。
タクシーの運転手の予感は的中してしまいました。


カウンターには手続きを待つ長蛇の列ができていました。
訳も分からず、並ぶこと1時間あまり…

ようやくカウンターに辿り着くと、職員からは信じられない言葉が…
 「 このフライトは完全にキャンセルで、振替え便はありません。
  (この日は12月29日だったのですが) 年内は予約でいっぱいです。
  年明けの便に振り替えますか?  キャンセルして返金しますか? 」

しばし呆然…
1時間以上、待って得た情報がこれだけ?

これがヨーロッパのサービスです。
安かろう、悪かろう には相当な覚悟が必要です。

結局、周りの人たちの行動を観察し、空港内にあったインターネット端末を使って
次の日のバーミンガム行きのブッキングになんとか成功しました。
( flybe. という別の航空会社です。 )

その時、時刻はすでに深夜0時をまわっていました。
電話をかけても年の瀬のホテルはどこも満室。
仕方なく、空港のロビーのベンチで一夜を明かしたのでした。


次の日の朝は、まだ一面、霧が立ち込めていました。
本当に帰れるのだろうか… と心配していたのですが、日が昇ってしばらくすると
嘘のように霧が晴れました。

そこで、分かったことがあります。
滑走路からホーエンザルツブルク城とウンタースベルク山が見えたのです。

ザルツブルク空港は山に囲まれた盆地にあり、霧が溜まり易い環境なのです。
前日に綺麗だなと思って見ていたのは、まさにその溜まった霧だったと…

本当に思い出深い旅となりました。
みなさんもザルツブルクの霧と格安航空会社のサービスにはご注意ください。


Logo
↑ Click Please !!  FC2ブログランキングに参加しています。
最後までお付き合い頂き、ありがとうございました。 お正月Specialということで…

ザルツブルクのウンタースベルク山

ウンタースベルク山
 
冬休みは毎年、いろいろな所に旅行に出かけましたが、昨年は帰任間際だったので、
さらに気合いが入っていました。

前半が、ブラチスラヴァ→ウィーン→ザルツブルクの大陸編。
年が明けて後半戦、アイルランド一周ドライブの旅 とかなりの強行軍でした。

写真はウンタースベルク山 ( Der Untersberg )
ザルツブルクのホーエンザルツブルク城からの雄大な眺めです。

立ち込める霧に差し込む光が幻想的… だったのですが…
この霧が後に、とんだ問題につながるとは、この時は想像だにしていませんでした。

つづく…

Logo
↑ Click Please !!  FC2ブログランキングに参加しています。
今日はスーパー銭湯に行ってきました。 年始で、とても混んでいましたが、久しぶりにまったりできました。

FC2カウンター

プロフィール

Nobby

Author:Nobby

1日1ポチお願いします

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。