スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

聖ケビン教会

聖ケビン教会

こんばんは。

久しぶりの更新です。 遅ればせながら、本年もよろしくお願いします。

年末は出張続きで忙しく、新年に入ってからもバタバタな毎日が続いています。
早く落ち着けるようにしたいと思います。

イギリスから戻って早いものでもうすぐ8年。 赴任したのは12年前!
そりゃぁ歳を取るはずです…

今年はひとつ新しい試みを企んでいます。
まぁ、更新ペースもこんな状態なので、いつになるかさっぱり分かりませんが、
気長にお待ち頂ければと思います。


さて、2015年最初の一枚は、アイルランドのグレンダーロッホにある聖ケビン教会です。

グレンダーロッホは首都ダブリンの南に位置する教会遺跡群で、「7つの教会の町」
と呼ばれる初期キリスト教の聖地です。

遺跡そのものも素晴らしいものでしたが、それらが大自然の中に佇んでいる雰囲気が
とても素敵でした。

特に雨上がりだったせいか、空気も澄んでいて、心が洗われるようでした。
聖地のパワーを感じていたのかもしれません。


Logo
↑ 1日1回ポチッとお願いします。 筆者のモチベーションが上がります。
メンテナンスに出していたベースが上がってきました。 コンディション最高っ! パッキパキです。 

ラウンド・タワー

ラウンド・タワー

こんばんは。

寒い日が続きますね。

さて、今日は久しぶりにアイルランドの写真を紹介しましょう。

ダブリンの南にあるアイルランドの初期キリスト教の聖地
グレンダー・ロッホ

そのシンボル的存在がラウンド・タワーです。

実に素朴な石造りの塔です。

円錐型の塔… ダブリンの 「ザ・スパイア」 につながっているのかもしれません。


Logo
↑ 1日1回ポチッとお願いします。 筆者のモチベーションが上がります。
今週は1週間の経つのが早い… お正月は遠い昔のようです。 

ザ・スパイア

ザ・スパイア

こんばんは。

忙しい1週間が終わりましたぁ…
なんとかパソコンの前には座るのですが、そのまま意識を失う日々が
続いておりました。

さて、久々の更新はアイルランドの首都 ダブリンの新しいランドマーク
その名も 「ザ・スパイア」 です。

( スパイア = Spire = 尖塔 という意味です。)

ダブリンの中心 オコンネル・ストリートのど真ん中にあって、
天を突き刺しています。

ステンレス製の槍は遠くからも目立ち、異彩を放っていました。


Logo
↑ 1日1回ポチッとお願いします。 筆者のモチベーションが上がります。
1ポンド = 118円 ?!   何だそりゃ?

ダブリンのテンプル・バー

テンプル・バー

ダブリンの中心部に、たくさんのパブやレストランが並ぶ通りがあります。
テンプル・バーです。

特に夜になるとたくさんの人で賑います。
やはり飲み交わすのはスタウトの定番 「 ギネス 」 でしょう。

写真は真っ赤な外観が目を引くパブ 「 ザ・テンプル・バー 」
このお店をデザインしたお土産がたくさんあったことからも人気ぶりが伺えます。

港街 ダブリンは、ちょっと荒っぽい海の男の街 という感じがしました。

アイルランドの旅、いかがでしたでしょうか?
UKから近いので逆に、なかなか足が赴きませんでしたが、豊かな自然や、
色濃く残るケルト文化など、予想以上に楽しむことができました。
またの機会に紹介したいと思います。

Logo
↑ Click Please !!  FC2ブログランキングに参加しています。
今日は冷えますねぇ… 風邪予防のためにはとにかく身体を冷やさないようにすること。
UKでお世話になった先生が教えてくれました。 

グレンダーロッホ

グレンダーロッホ

ベルファストから南へ向かうと間もなく、アイルランドに再入国しました。
今度は川すらなく、まるで県境のようなノリです。
国境近くには両替屋さんの小屋が数件ありました。
やはり不思議な光景です。

そして最終目的地 首都ダブリンに到着しました。

写真はダブリン郊外にあるグレンダーロッホの教会遺跡です。
この聖ケビン教会は11世紀に建てられたものだそうです。
風化した石の壁が時間の重みを伝えます。

このような素晴らしい遺産が、深い自然の中に存在する佇まいには
素直に感動します。

Logo
↑ Click Please !!  FC2ブログランキングに参加しています。
とりあえず、1週間が終わりました。 休暇明けはいろいろ疲れますね。

ベン・ブルベン

ベン・ブルベン

アイルランド2日目、宿泊したスライゴーの町から走り始めてしばらくすると、凄い山…
というか、まるで壁のような台地が見えてきました。

この山はベン・ブルベン。
ケルトの神話にも出てくる神聖な山だそうです。

アイルランドを走っていて感じたのは、自然が本当に豊かなこと。

季節は1月だというのに、まるでナショナルカラーのように、緑が鮮やかなのです。
UKの自然も素晴らしいですが、アイルランドはもっとディープと言いましょうか…

夏の季節に是非、再訪したいですね。


Logo
↑ Click Please !!  FC2ブログランキングに参加しています。
昨年末に女の子の赤ちゃんが生まれた友人夫妻を訪ねました。
MIAちゃん、かわいーっ! すくすく元気に育ってください。 

巨人のテーブル

巨人のテーブル

アイルランド初日は、ひたすら移動の旅となりました。
というのも、年末のザルツブルク霧事件のおかげで、後半のアイルランド旅行の出発が
遅れ、1日分をリカバリーしなければならなかったからです。

南部のウォーターフォードから北部のスライゴーまで、一日でアイルランドをほぼ半周
してしまいました。 今思えば、ちょっと無謀な計画でしたね。

アイルランドはUKと同じくクルマは左側通行です。 
景色や街の雰囲気も似ているので、UKの国内旅行かと勘違いしそうなほどです。
速度表示だけは最初、少し戸惑いましたが、走っているうちにすぐに慣れました。
( UKはマイル、アイルランドはキロメートル )

写真は途中に訪れた、この日唯一と言ってもいいくらいの観光スポット。
西部のバレンにある 「 巨人のテーブル 」 と呼ばれる巨石墳墓です。

ちょうど雨が降り出し、びしょ濡れになりながら撮影。 先を急ぐことにしました。


Logo
↑ Click Please !!  FC2ブログランキングに参加しています。
月曜日までお休みを頂いたので、今日が仕事始めです。 仕事面でも良い一年となりますように… 

FC2カウンター

プロフィール

Nobby

Author:Nobby

1日1ポチお願いします

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。