スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

夕暮れの通り

夕暮れのサグラダ・ファミリア

こんばんは。

またまた久しぶりの更新です。
10月中に更新できなかったなぁ… と思っていたら、11月も半分が終わってしまいました。
2学期は本当に忙しい… と毎年書いているような気がしますが、今年も例に洩れずのようです。

仕事では最近、出張が多いです。 
身体的にはきついのですが、やはり現場で学ぶことは多いですね。

プライベートでは、先週、湖畔の親爺バンド合宿に行ってきました。
例年は7月頃の開催だったのですが、今年は晩秋の季節となりました。
そのせいか、いつもよりは少しシンミリした感じ… 
それでも、今年もたっぷり楽しまさせて頂きました。 


さて、今日の写真はちょうど10年前のこの季節に訪れたバルセロナの街です。

サグラダ・ファミリアの建設もずいぶん進んだんでしょうね…
定点観測したいです。


Logo
↑ 1日1回ポチッとお願いします。 筆者のモチベーションが上がります。
整体、超痛かった。 かなり、疲れているようです…

芸術の秋

カサ・ミラ

こんばんは。

今日は月に一度通っている整体の日でした。
史上最強の痛さでした。 かなり疲れているようです…


さて、今日の写真はバルセロナの街の中心部にあるガウディ建築のひとつ
カサ・ミラの屋上に並ぶ不思議な彫刻です。

カサ・ミラ自体、波打つような曲線で構成された実にユニークな建物ですが、
屋上の彫刻たちは、さらにその個性を際立たせています。

奥に並ぶ戦士の兜は、サグラダ・ファミリアのファサードにも見られました。

芸術の秋…
ガウディの素敵な作品があふれるバルセロナの街をゆっくり散策したいです。

世界遺産

Logo
↑ 1日1回ポチッとお願いします。 筆者のモチベーションが上がります。
先生、気合いのこもった施術とプレゼント どうもありがとうございました。 

こうのとり

こうのとり

こんばんは。

日が伸びたなぁ~ 夏至はいつかなぁ? と思っていたら、
先週、とっくに終わっていました… 

あっという間に月末です。

いよいよ今週末にせまった湖畔の親爺バンド合宿に向けて、
昨日は最終練習でした。

3時間弾きっ放しだったので、今日は指が痛かったぁ…
力が入り過ぎているようですね。

全体的にはいい感じに仕上がったと思うので、(短期間のわりに)
あとは、本番で頭が真っ白にならないことを祈るのみです。


さて、今日の写真は、コルドバの町で見かけたコウノトリです。

よくもまあ、こんなところに巣を作ったものです。
神の御加護がありそうですね。


Logo
↑ 1日1回ポチッとお願いします。 筆者のモチベーションが上がります。
消費税増税反対! 

向日葵

カルモナのひまわり畑

こんばんは。

最近、お昼休みに少し散歩をするようになりました。

が、今日は台風一過で蒸し暑かったぁ…  三日坊主決定かも。


さて、今日の写真は南スペインの丘の町 カルモナのひまわり畑です。
もう何度か紹介していますね。

訪れてから6年が経ちますが、この景色に感動したことは忘れられません。

またこの季節に再訪したいなぁ…


Logo
↑ 1日1回ポチッとお願いします。 筆者のモチベーションが上がります。
イベントまであと10日。 今年も湖畔へ! 

黄金の祭壇

黄金の祭壇

こんばんは。

先日、本屋さんで旅行ガイドブックを探したのですが、
お目当てのものが見つかりません…

るるぶのワールドガイドというシリーズで、
ヨーロッパ関連のものは、ほぼ全冊揃っています。

読み易くて 「地球の歩き方」 よりも好きだったのですが…

調べてみると、数年前にすべて廃刊になってしまったそうです。

とてもお世話になったシリーズで、特にイギリスのものは
相当読み込んだのでボロボロです。

思い出が詰まったガイドブック、大切にしようと思います。


さて、今日の写真は南スペインの古都セビリアのカテドラル
中央礼拝堂の金色に輝く祭壇です。

金色堂もびっくりの迫力に圧倒されました。

イスラム支配時代のモスクを改修して建てられた
世界一大きいカトリックの大聖堂…

「正気の沙汰とは思えないほどの巨大なカテドラルを建てよう」
と宣言して100年もの時間を費やして完成したそうです。

サグラダ・ファミリアもそうですが、スペインの底力って
凄いなぁと思います。

世界遺産

Logo
↑ 1日1回ポチッとお願いします。 筆者のモチベーションが上がります。
なのに、スペインの国債価格の下落が止まらない… かなりヤバいと思う。 

祝 20000 HIT & 3周年

カルモナのひまわり畑

こんばんは。

大きな会議があったり、青森に遠征に行ったり、研修に行っていたりと…
忙しい毎日を送っております。

そんなこんなで更新をサボっている間に、おめでたいことが2つありました。

一つ目は訪問して頂いた方が、のべ2万人を超えたことです。 凄いっ!

二つ目は2007年6月10日にスタートした、このブログが3周年を迎えたことです。

最近は更新のペースもすっかり遅くなってしまいましたが、それでもたくさんの方に
訪問して頂き、嬉しく思っております。

30000HIT目指して、コツコツ更新しますので、今後ともよろしくお願い致します。

今日の写真は南スペイン カルモナのひまわり畑です。
この ひまわり畑が、ちょうどアニバーサリーの季節を教えてくれますね!


Logo
↑ 1日1回ポチッとお願いします。 筆者のモチベーションが上がります。
青森遠征では、なんとかお目当ての鳥さんに会うことができました。 

石の森

サグラダ・ファミリアの内部

こんばんは。

雨脚が強くなってきました。 
こんな時に限って、明日は朝から出張です。
電車が止まらなければ良いのですが…

さて、今日の写真は、サグラダ・ファミリアの内部です。

抽象化されていますが、ガウディの造形はいつも、自然がお手本です。  
自然の中にこそ、本質があるということでしょうか…

工事用の鉄骨が邪魔ですが、完成した暁には、静寂な森の中で
祈りをささげるような、神聖な空間になることでしょう。

世界遺産

Logo
↑ 1日1回ポチッとお願いします。 筆者のモチベーションが上がります。
月曜日はUKから一時帰国中のTerryさんと飲み会でした。 楽しい話ができました。

太陽

太陽

こんばんは。

今日の写真はバルセロナのグエル公園で見つけたガウディの太陽です。

芸術の秋ですね…

世界遺産

Logo
↑ 1日1回ポチッとお願いします。 筆者のモチベーションが上がります。
食欲の秋が先行し、ダイエットが進みません。 メタボ一直線!

巨大なモスク

メスキータ

こんばんは。

今週もあっという間に週末ですね。

さて、今日の写真はコルドバの象徴 メスキータです。
オレンジの中庭から見たモスクの外観ですが、写真からは
その巨大さはなかなか伝わってきませんね。

南スペインの旅 いかがでしたでしょうか?
写真を見返していると、真夏の太陽のジリジリした感覚が
蘇ってきます。

イスラム都市の独特な雰囲気も印象深かったです。
食べ物もおいしかったぁ…
また行きたくなってきました。

世界遺産

Logo
↑ 1日1回ポチッとお願いします。 筆者のモチベーションが上がります。
レンズはまだ修理から戻ってきません。 フラストレーションが貯まります。

カルモナの城塞

カルモナの城塞

カルモナは丘の上に広がる小さな町です。

その町の中心部には立派な城塞がそびえていました。

石と石の隙間に巣を作っていたのでしょうか…
青い空をバックにツバメが気持ち良さそうに飛んでいました。


Logo
↑ 1日1回ポチッとお願いします。 筆者のモチベーションが上がります。
明日は5時起きなのでもう寝ます。 おやすみなさい。

遅ればせながら祝2周年

カルモナのひまわり畑

こんばんは。

今年もカルモナのひまわり畑を紹介しましょう。
過去の記事はコチラをどうぞ。
これで三度目になりますね。

すなわち、このブログを始めて2年が過ぎたということになります。
すっかり忘れていました…
(記念すべき第一回 2007年6月10日

三日坊主かと思われたこのブログ…
気が付くと、書き溜めた記事がもうすぐ500件になります。
継続は力ですね。

ネタの続く限り、細々と続けたいと思いますので、
今後とも応援よろしくお願い致します。


Logo
↑ 1日1回ポチッとお願いします。 筆者のモチベーションが上がります。
イギリスGPですね。 F1分裂のゴタゴタはどうなるのでしょう…?

ヒラルダの塔

ヒラルダの塔

こんばんは。

昨日に引き続きセビリアの街歩きの様子を紹介します。

セビリアのランドマークと言えば、このヒラルダの塔でしょう。
世界三大聖堂の一つであるカテドラルの尖塔です。

写真はアルカーサルから見た姿です。
奥行き感が出ていいですね。

世界遺産

Logo
↑ 1日1回ポチッとお願いします。 筆者のモチベーションが上がります。
複雑な1週間でした。 とりあえず週末はRelaxしたいと思います。

黄金の塔

黄金の塔

こんばんは。

3年前のこの季節、南スペインを訪れました。
最初に訪れたのがセビリアです。

6月だというのに日差しはもう真夏のものでした。

写真は街の中心を流れるグアダルキビール川沿いにある
黄金の塔です。

かつては塔の表面が黄金のタイルで覆われていたそうですが、
今は普通の石の塔です。

この旅はレンタカーを使ったのですが、駐車場がちょうど近く
だったので、黄金の塔から街歩きをスタートしました。


Logo
↑ 1日1回ポチッとお願いします。 筆者のモチベーションが上がります。
スペインを紹介するのは久し振りですね。 おいしいオリーブが食べたい!

バルセロナ 夕景

トーレ・アグバール

サグラダ・ファミリアの塔の上からの眺めです。

右側の未来チックなビルはトーレ・アグバールと呼ばれる
超高層ビルです。

そう言えば、ロンドンにもこのような形のビルがありましたし、
最近、新宿にできた東京モード学園のコクーン・タワーも
凄いですね。 流行りでしょうか…

アートの街 バルセロナ特集 いかがでしたか?

ガウディの素晴らしい造形はまだまだ紹介しきれていません。
またの機会に…


Logo
↑ 1日1回ポチッとお願いします。 筆者のモチベーションが上がります。
今日の夕食は秋刀魚でした。 旬ですね。

カサ・バトリョの青い壁

ガウディの代表的な建築のひとつ カサ・バトリョは
建物全体から 「海」 を感じました。

建物の内部は吹き抜けになっていて、天窓から光が射し込みます。

壁のタイルの色は天井部の濃い青から、下に向かうにつれて徐々に
薄くなっていきます。

まるで水が流れ落ちてくるような演出でした。

世界遺産

Logo
↑ 1日1回ポチッとお願いします。 筆者のモチベーションが上がります。
今朝歩いていたら、キンモクセイの香りがしました。 秋ですねぇ…

夜のファサード

夜のファサード

夜、ライトアップされたサグラダ・ファミリアは、昼間にもまして
幻想的な姿を見せてくれます。

教会の中でまず最初に着工されたのが、この生誕のファサード。

ガウディはサグラダ・ファミリア教会が到達しうる造形的な力を
示すために、生誕のファサードから作り始めたそうです。

すなわち、教会の中でも、造形的に最大の見せ場と言えるの
ではないでしょうか?

温かい雰囲気がするファサードですが、暖色系のライティングに
よってさらに美しく輝きます。

世界遺産

Logo
↑ 1日1回ポチッとお願いします。 筆者のモチベーションが上がります。
最近、ブログを書き終えるとバタンキューで寝てしまいます。 今日もダメです…

Sweets!!

サン・ジュゼップ市場のスイーツ

久しぶりの市場シリーズ。

サン・ジュゼップ市場のお菓子屋さんです。

原色がきつすぎて、私はちょっと苦手かな?
やっぱり、日本のお菓子が最高です。


Logo
↑ 1日1回ポチッとお願いします。 筆者のモチベーションが上がります。
あっという間の1週間でした。 ジェットコースターに乗っているみたい…

カタルーニャ音楽堂

カタルーニャ音楽堂

ガウディのライバル モンタネールの代表作、
カタルーニャ音楽堂です。

サン・パウ病院も彼の作品ですね。

正面のモザイクの壁画や一本一本デザインが違う柱など、
見どころはたくさんあるのですが…

特に素晴らしかったのは音楽堂内部のステンドグラスです。

天井中央部がしずくのように垂れ下がっていて、赤、橙、黄、白の
光の粒が外に広がっていくのです。

建物内部はガイド付きのツアーによる見学のみが許されており、
残念ながら写真撮影は禁止でした。

ステンドグラスの写真、撮りたかったなぁ…

世界遺産

Logo
↑ 1日1回ポチッとお願いします。 筆者のモチベーションが上がります。
今朝、ツクツクボウシの声を聞きました。 秋の虫の大合唱の中、こころなしか元気がないような気がしました。

贅沢タイル

ガウディ・デザインのタイル

バルセロナ中心部の大通りのひとつ グラシア通りの歩道に
敷き詰められているタイルです。

波や巻貝のようにも見えるこのタイル…
お察しの通り、ガウディによるデザインなのです。

いやはや、なんとも贅沢です。


Logo
↑ 1日1回ポチッとお願いします。 筆者のモチベーションが上がります。
今日は展示会で一日歩き回ったので、疲れました。 足が棒です。 

とかげ

グエル公園のとかげの噴水

グエル公園の超有名なとかげの噴水です。

とかげ君と一緒に写真を撮りたい観光客で常にごった返して
いるので、このように、とかげだけを撮影するのは至難の業です。

世界遺産

Logo
↑ 1日1回ポチッとお願いします。 筆者のモチベーションが上がります。
9月は一瞬で終わってしまいました。 案の定… 

ヴェロニカと福音者

受難のファサード

2年前のこの季節にバルセロナを訪れました。
そこでしばらく、アートの街のスケッチをお届けしたいと思います。

初日の今日はご存じサグラダ・ファミリアから…

受難のファサード中央部にあるのが 「ヴェロニカと福音者」
と呼ばれる彫刻です。

ゴルゴダの丘に登るイエスが2回目に倒れた場面が描かれています。

左側の人物 (福音者) はガウディ本人がモデルになっているそうです。

2人の兵士の兜もガウディの建築の代表作 カサ・ミラの屋上にある
煙突がモチーフになっています。

海の波のように複雑で生物的な生誕のファサードに対し、抽象的な
受難のファサードは、パッと見、あっさりした印象を受けますが、
よーく見ていくと、非常に凝ったテーマが隠されていることに気付きます。

世界遺産

Logo
↑ 1日1回ポチッとお願いします。 筆者のモチベーションが上がります。
史上初のナイト・レースはアロンソの劇的な逆転勝利でした。 (ちょうどスペインつながりで…)
ライコネンのワールド・チャンプがますます遠のくぅ… (T_T)

花の小径

花の小径

今日もメスキータ周辺の迷路のような路地のお話です。

この地区はかつてユダヤ人の居住区でした。

細い路地の先は袋小路になっていて、パティオと呼ばれる中庭
の周りに住宅が並んでいます。

写真は花の小径と呼ばれる場所で、白い壁にたくさんの鉢植えが
飾られています。 白壁に赤やピンクの鮮やかな花が映えます。

パティオには泉が湧いていて、ちょっとした木陰もあります。
囲まれ感もいい感じで、とても居心地の良い空間でした。

今回の南スペインの旅、いかがでしたでしょうか?
イスラム都市の独特な雰囲気を味わうことができた素敵な旅でした。

世界遺産

Logo
↑ 1日1回ポチッとお願いします。 筆者のモチベーションにつながります。
ミニカーを大人買いしてしまいました。 収集癖は治りません…

黄金の神輿

黄金の神輿

コルドバにやってきました。

街の中心部のメスキータ周辺は細い路地が入り組んでいます。

細い路地は石畳になっているのですが、その上にたくさんの草、
おそらくローズマリーのような香草が敷き詰められ、独特の香りが
漂っていました。

何のためのものだろうと思っていたのですが、夜になってその理由が
分かりました。

目にも眩い黄金の神輿が、路地を練り歩くのです。

香草はきっとこの行進のためのお清めだったのではないでしょうか?

鮮やかな黄色の衣装、全身真っ白な衣装を着た人たちが行進します。

神輿は近づくにつれて巨大なものであることが分かりました。
もう路地いっぱいいっぱいです。

私の前を通り過ぎた神輿はメスキータの方へ向かっていきました。

神輿の後には銃を抱えた軍人さんたちの隊列が続きました。

この間、メスキータの鐘楼の鐘がゴーン、ゴーンとずっと鳴り響いて
いました。

偶然、目の当たりにした幻想的な光景に、圧倒されてしまいました。


Logo
↑ 1日1回ポチッとお願いします。 筆者のモチベーションにつながります。
ようやく週末です。 来週は健康な1週間となりますように…

乙女のパティオ

アルカーサル

セビリアの街の中心部にイスラム時代の王宮 アルカーサルがあります。

レコンキスタ (キリスト教によるイベリア半島の再征服活動) の後、
キリスト教王の王宮となり、歴代の王によって改築が繰り返されたため、
王宮内ではさまざまな様式を見ることができます。

その中でも、アルハンブラ宮殿の職人を連れてきて造らせたという
ペドロ1世宮殿は一番の見所で、イスラム様式とキリスト様式が融合した
ムデハル様式を見ることができます。

植物をモチーフにしたアラベスク模様の細かなタイル細工が本当に
きれいでした。

写真はペドロ1世宮殿の乙女のパティオと呼ばれる空間です。
アーチひとつひとつに施された彫刻が見事でした。

世界遺産

Logo
↑ 1日1回ポチッとお願いします。 筆者のモチベーションにつながります。
今日もお休みを頂きました。 明日は復活の予定です。

ひまわりの丘

ひまわりの丘

南スペインの旅の一番の目的が、広大なひまわり畑を見ることでした。

昨年に引き続き、今年も丘一面に広がるひまわり畑をお届けします。

事前にインターネットで調べたカルモナという地名だけを頼りにこの地を
訪れ、最初はどこにひまわり畑があるのか見当もつきませんでした。

カルモナは丘の上に広がる小さな町なのですが、南側の平地に下って、
町の方を見た時に、黄色く染まったエリアを見つけ、ようやくこの場所に
辿り着くことができました。

感動の一言です。

苦労して来た甲斐がありました。


Logo
↑ 1日1回ポチッとお願いします。 筆者のモチベーションがあがります。
体調がすぐれず、火曜・水曜とお仕事をお休みしてしまいました… 早くよくなれぇ~ 

白い街

セビリアの街並み

2年前の今日、南スペインの街 セビリアを訪れました。

セビリアはグラナダ、コルドバと並ぶイスラムの古都です。

写真は街のシンボル カテドラルのヒラルダの塔からの眺めです。

6月でさえ30℃を超えるこの地方の真夏は強烈な暑さになります。
白い壁は少しでも光を反射して、室内の温度を下げようという工夫
なのでしょう。

イスラム風の瓦屋根や色遣いが混ざり合い、おもしろいパターンを
見せてくれました。


Logo
↑ 1日1回ポチッとお願いします。 筆者のモチベーションがあがります。
喉をやられてしまいました。 ちょっと疲れているかも… 

シッチェスの教会

シッチェスの教会

バルセロナから西に40kmほどのところにシッチェスという町があります。
こじんまりとしていますが、美しいビーチが広がるリゾート地です。

夕暮れ時、海沿いの遊歩道を散歩してみました。
ヤシの並木が南国気分を盛り上げます。

遊歩道の東の外れの小高いところに教会がありました。

スペインの教会は何となく、石がナチュラルな感じがします。
きらびやかな大理石ではなく、素朴な黄土色といいましょうか…

夕陽を浴びて、さらに素敵な色を見せてくれました。

この後、教会の側のレストランで食べたパエリアが最高においしかったです。


Logo
↑ 1日1回ポチッとお願いします。 筆者のモチベーションがあがります。
パエリア、オリーブ、カラマーリ、イベリコ豚の生ハム、サングリア… あぁスペインに行きたい!

海のランブラス

海のランブラス

バルセロナで一番賑やかなランブラス通りを南に歩いて行くと、コロンブスの塔の先で海に出ます。 ランブラス通りはここで終わりなのですが、そこからはウッドデッキがウォーター・フロントに向って続いています。 これが 「 海のランブラス 」 です。

さすがはアートの街 バルセロナ。 
波をモチーフにしたオブジェがダイナミックです。 

写真の左側はヨットハーバーになっていて、船が通る時は橋の部分が回転します。 
歩行者はしばらく足留めを食いますが、イライラすることもなく、のんびりと船を眺めながら橋が元に戻るのを待っています。

デッキに座って、日向ぼっこするのもいいですね。
海ではたくさんの魚の群れ ( 多分、ボラ ) も見ることができました。

Logo
↑ Click Please !!  FC2ブログランキングに参加しています。
週末は天気がいまいち冴えませんでした。 そのせいか、いつもは行列ができる郊外のラーメン屋さんが、
空いていてビックリ。 雨の日のお出かけも悪くありません。

サン・ジュゼップ市場のフルーツ屋さん

サン・ジュゼップ市場のフルーツ屋さん

バルセロナのランブラス通り沿いにサン・ジュゼップ市場があります。
とても大きな市場でたくさんの人で賑わっています。

実は、私の旅の楽しみのひとつが、市場を訪ねることなのです。
その場所にしかない珍しい野菜や果物や魚など…
見ていて飽きません。

入口近くにあるこのフルーツ屋さんは、見た目のインパクトでは史上最強でした。


Logo
FC2ブログランキングに参加しています。
よろしければ1クリックお願いします!

サン・パウ病院

サン・パウ病院

バルセロナのサン・パウ病院です。
ガウディのライバルと言われるモンタネールの代表作のひとつです。

ちょうどサグラダ・ファミリアから北東にのびる通りの先に向かい合うように建っています。

ご覧の通り、これが病院? という感じです。
敷地内には、このような建物が並んでいて圧巻です。
なにか、宗教と医療との精神的なつながりのようなものを感じました。

世界遺産

Logo
FC2ブログランキングに参加しています。
1日1クリックしていただくと、1票入ります。 いつも応援ありがとうございます!


FC2カウンター

プロフィール

Nobby

Author:Nobby

1日1ポチお願いします

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。