スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブラチスラヴァ旧市街

ブラチスラヴァ旧市街

ブラチスラヴァ城がある小高い丘の上から街全体を一望することができます。

手前側のオレンジ色の屋根の建物が集まっているエリアが旧市街で、
奥には新市街のビルが立ち並んでいます。

右側に見えるのはドナウ川。
ウィーンまでをつなぐ国際高速船の船着場もありました。
船で国境越えなんて素敵ですね。

旧市街の街の感じはかつて同じ国だったチェコの首都 プラハと似ていますが、
規模は圧倒的に小さく、ちょっと寂しい雰囲気でした。
観光客の少なさとどんよりお天気のせいでしょうか…


Logo
↑ Click Please !!  FC2ブログランキングに参加しています。
子供のころ、真剣にチェコスロ・バキアだと信じていました。

サイレント・ナイト

ブラチスラヴァの旧市庁舎

昨年のクリスマスはスロヴァキアの首都 ブラチスラヴァを訪れました。

旧市街の中心部にあるホテルに泊り、夕食を取ろうと外に出ました。
クリスマス・イブの夜はさぞかし賑やかだろうと思いきや…

街はシーンと静まり返っているのです。

お店は一軒も開いておらず、通りを歩く人もまばらでした。 
本当にここは首都か?
( 旧市街の外はもう少し賑やかだったかもしれません。 )

でも、これがヨーロッパのクリスマス。
本当のサイレント・ナイトなんだなとしんみりしてしまいました。

写真は中央広場の旧市庁舎です。

結局そのままホテルに戻り、ルームサービスで祝うクリスマス・イブとなりました。


Logo
↑ Click Please !!  FC2ブログランキングに参加しています。
今年は今日が仕事納めでした。 本当に忙しい一年でした。 
取りあえず、ゆっくり寝たいです。

冷え込んだ日

冷え込んだ日

UKは暖流の北大西洋海流のおかげで緯度が高い割りには真冬でも比較的暖かく、
ミルトンキーンズでは氷点下となる日は多くなかったと記憶しています。

しかし、この日は冷え込みました。

空気中の水分が冷やされ、木の枝で凍り付く霧氷を見ることができました。

池の表面も面白い表情を見せてくれました。


Logo
↑ Click Please !!  FC2ブログランキングに参加しています。
ただいま年賀状 作成中。 印刷が終わらなーい!

巨大な窯

グラッドストーン陶器博物館

陶磁器の生産地として有名なストーク・オン・トレントの街の外れに
グラッドストーン陶器博物館 ( Working Pottery Museum ) はあります。
(参照: イギリスのチャイナ

その名の通り、工場は実際に稼働しており、陶器ができるまでの様子を
詳しく見ることができます。

やはり一番の目玉はこの巨大な窯。

すべてレンガで組まれており、どうすればこのような微妙な曲線が描ける
のか不思議です。

このような窯がたくさん並び、活気に溢れた当時の写真も飾られていました。
ストーク今昔物語 ですね。


Logo
↑ Click Please !!  FC2ブログランキングに参加しています。
予知夢で未来を予言するブラジル人 ジュセリーノの特番を見ました。
レクイエム・シナリオはとてもリアル…  でも悲観する前にできることから始めましょう。

冬の陽射

冬の陽射

ミルトンキーンズ郊外にあるファームの入口です。

この写真を見て思い出すことが2つあります。

一つめは 「 芝 」
UKでは冬になると芝が青々と元気に茂ります。
逆に夏場はそれほど暑くもないのに、一度枯れてしまいます。
日本のものとは種類が違うのでしょう。

もう一つは、太陽のパワー感がまったくないことです。
この写真を撮ったのは午後2時半。
もう夕暮れのような雰囲気です。
太陽はこのまま午後3時台には沈んでしまいます。

つい気が滅入りがちになりますが、この季節をピークに確実に日は伸び始めます。


Logo
↑ Click Please !!  FC2ブログランキングに参加しています。
今年の冬至は12月21日。 気が付く前に日付けがかわってしまいました。

ケンブリッジ大学

キングス・カレッジ

ケンブリッジ大学はその名の通り、ケンブリッジの街の中にあります。
私の住んでいたミルトン・キーンズからは東にクルマで約1時間の距離でした。
逆に西に約1時間走ると、もう一方の雄 オックスフォードがあります。

オックスフォードが文系な感じがするのに対して、ケンブリッジは理系な感じがします。 
ニュートンやダーウィンが輩出されたことからそう感じるのでしょう。
ちなみにニュートンはトリニティ、ダーウィンはクライスト・カレッジの出身です。

ノーベル賞の受賞者の数は世界一。 凄い学校です。

写真はキングス・カレッジのチャペルです。 
私が訪れた時はちょうどBBCがクリスマスの取材に来ていて、中に入れませんでした。

Logo
↑ Click Please !!  FC2ブログランキングに参加しています。
雪見が丘を教えてくれたAさんが来日されていて久しぶりにお会いすることができました。 
いつもUKからこのブログを見て下さっているとのこと。 嬉しかったです。

ほぼ冬至のストーンヘンジ

ストーンヘンジ

もうすぐ冬至ですね。
ちょうどこの季節にストーンヘンジを訪れました。

この有名な遺跡が作られた目的はいまだに謎ですが、古代の天文台との説が有力です。

ほぼ冬至のこの日の夕日はちょうど中央部の石と石の間に沈んでいきました。

天文台説に一票。

世界遺産

Logo
↑ Click Please !!  FC2ブログランキングに参加しています。
寒い日が続きます。 ゆっくり、ゆず湯にでもつかって温まりたいですね…

グラン・パレ

グラン・パレ

1900年のパリ万博のメイン会場となったのが、グラン・パレです。

眩い光をバックに四頭の馬が雄叫びをあげ、トリコロール旗も燦然と輝いていました。

今回のパリの旅、いかがでしたでしょうか?
また今度は、昼間にゆっくりと街歩きしてみたいですね。

Logo
↑ Click Please !!  FC2ブログランキングに参加しています。
しばらく夜景が続いてしまいました。 明日からは昼間の写真に戻ります。 多分… 


夜のオペラ・ガルニエ

オペラ・ガルニエ

「 オペラ座の怪人 」 の舞台となったオペラ・ガルニエ…  いわゆるオペラ座です。

建物は巨大で、オペラ広場のこの場所からは中央のドームを見ることはできません。
全貌を見るためには、オペラ通りをずーっと南へ歩いていかなければなりません。

暗闇に浮かびあがった白亜の神殿は本当に神秘的。

いつ、怪人が出てきてもおかしくないような雰囲気でした。


Logo
↑ Click Please !!  FC2ブログランキングに参加しています。
今年は5年ぶりの日本の忘年会を楽しみにしていたのですが、先週の出張中に終わってしまいました。  残念…


ギャラリー・ラファイエット

ギャラリー・ラファイエット

こんばんは。
無事に日本に戻っております。

せっかくなので、もうしばらく夜のパリの街をお楽しみください。

ここはオペラ座の近くにある老舗百貨店 「 ギャラリー・ラファイエット 」
アテンドしてくれたフランス人曰く、 「 French Mitsukoshi 」 なんだそうです。
フランス語の発音は 「 ガレリィ ラファィエ 」 に近い感じでした。

ここのイルミネーションが凄い!

イルミネーションが部分的に暗くなったり、明るくなったり、脈動しているんです。 
暗い状態からだんだんと明るくなってピークを迎える瞬間は本当に感動的でした。

ちょっとオリエンタルな感じのデザインも tres bien !!

この夜は結構、冷え込んでいたのですが、お構いなしに撮影に夢中になる私。
フランス人はしょうがないなという感じで待っていてくれました。
Merci, Pays de neige!!


Logo
↑ Click Please !!  FC2ブログランキングに参加しています。
帰りの飛行機は案の定、大爆睡でした。 時差ボケでしばらく眠れそうにありません… 


おお シャンゼリゼ

シャンゼリゼ大通り

早いもので、もうパリ出張最終日となりました。

今回の旅では、短い時間でしたが、撮影を楽しむことができました。
昼間はずっと仕事だったので、夜景ばかりになってしまいましたが…

今日の写真はご存知、シャンゼリゼ大通りです。
シャンゼリゼは何度か訪れたことがありましたが、クリスマス前のこの季節の訪問は初めてでした。

いやぁ… 本当に綺麗でした。

普通に点灯するイルミネーションの他に、縦型の棒状のライトがあって、上から下に流れるように点灯するのです。 これがランダムにたくさん流れるので、まるで銀河の中の流れ星のようでした。

遠くにぼんやり浮かび上がる凱旋門も幻想的でした。


Logo
↑ Click Please !!  FC2ブログランキングに参加しています。
明日の夕方の便で帰国します。 結構疲れているので、また爆睡してしまいそう…  


レストラン通り

レストラン通り

こんにちは。
時差ボケが直らず、変な時間に目が覚めてしまいました。

昨日はパリに来て初めて、青空を見ることができました。
でも、全体的にはグズついた天気が続いています。

やはり冬至に近いこの季節は夜が長いですね。
朝8時頃、ホテルを出発するときはまだ薄暗く、全然働く気になりません…

写真はホテルの近くにあるちょっとしたレストラン通りです。
昨晩は右側に見える 「 新上海 」 という中華料理屋さんで夕食を取りました。

中国の方のパワーは凄いですね。
ヨーロッパ中のどこの街に行っても必ず、中華屋さんを見かけます。
一応、最初はその土地の名物料理を頂くのですが、滞在が長くなると
ついつい中華屋さんに入ってしまいます。
日本人である前にアジア人なんだなぁ と思う瞬間です。


Logo
↑ Click Please !!  FC2ブログランキングに参加しています。
ただいま朝6時です。 星が見えているので、今日はいいお天気かな?  

パリは雨です。

雨のパリ

こんばんは。
無事にパリに到着しました。

パリはあいにくの雨…

しょうがないので、ほとんど雨に濡れずに行けるMacでさっさと夕食を済ませてきました。

写真はホテルの窓からの眺めです。
最近すっかり当たり前になった青色LEDのイルミネーションが綺麗です。

Logo
↑ Click Please !!  FC2ブログランキングに参加しています。
ただいま夜8時半。 日本時間は朝の4時半。 道理で眠いわけだ…
もう寝ます。 おやすみなさい… 


ストラスブールのクリスマス・ツリー

ストラスブールのクリスマス・ツリー

ストラスブールもこの季節、クリスマス・マーケットが開かれ、
たくさんの人で賑っています。

その街の中心の広場に巨大なクリスマス・ツリー。
飾り付けはシンプルですが、本当に背が高くて立派でした。

日が落ちて空の群青色がどんどん深まるころ、ツリーの光がとても暖かく感じました。

世界遺産

Logo
↑ Click Please !!  FC2ブログランキングに参加しています。
明日から仕事でパリに行ってきます。 今回は現地での更新にトライしてみます。 お楽しみに… 

刺繍も繊細で…

刺繍

刺繍の飾り付けも手が込んでいて、綺麗でした。


Logo
↑ Click Please !!  FC2ブログランキングに参加しています。
今日は久しぶりにライブを見に行ってきました。 やっぱり生演奏は緊張感があっていいですね。 

風鈴のような…

クリスマスマーケットの風鈴

昨日に続いて、シュトゥットガルトのクリスマス・マーケットの様子を紹介します。

このお店には、クリスマス・ツリー用の飾り付けがたくさん並んでいました。 
鮮やかに彩色された球状のガラスは、どことなく日本の風鈴を連想させるものでした。

ついつい、2個、3個… と買ってしまいたくなるような美しさでした。

Logo
↑ Click Please !!  FC2ブログランキングに参加しています。
職場の仲間たちの間で、内輪受け流行語大賞2007の選考が始まりました。 ノミネートは50件を超える勢い!
怒涛の1年を象徴するかのようです… 

シュトゥットガルトのクリスマス・マーケット

シュトゥットガルトのクリスマス・マーケット

この季節、ドイツを中心にヨーロッパの各地でクリスマス・マーケットが開催されます。
その中でも最も有名なのが、ここシュトゥットガルトのクリスマス・マーケットです。

本当にたくさんのお店が並びます。 
定番のソーセージ屋さんに始まり、様々なお菓子や、クリスマスの飾り付けなどなど、
見ていて飽きません。

また、屋根の上のデコレーションが、各店ごとに特徴があり、とても面白かったです。

手前のベレー帽のおじさんが飲んでいるのがモールド・ワインと呼ばれるホット・ワイン。 寒い時期に飲むと身体がポカポカ暖まります。

Logo
↑ Click Please !!  FC2ブログランキングに参加しています。
インフルエンザの予防接種を受けてきました。 筋肉注射って痛いですね。 


ドイツなフランス

プティット・フランス

フランス北東部、ドイツとの国境の近くにストラスブールの街はあります。
この辺り、アルザス地方はドイツとフランスが領有権を争った場所として有名です。

実際に私が訪れたときも、ドイツ側からバスで国境を越えてこの街に入りました。
国境はライン川なのですが、普通に橋を渡るだけで特に検問などはありませんでした。

そのストラスブールの旧市街の外れにあるのが、プティット・フランス。
「 小さなフランス 」 と呼ばれるエリアで、おとぎ話にでてきそうな可愛い家が並んでいます。 名前はフランスですが、やはりドイツっぽい雰囲気を感じました。

世界遺産

Logo
↑ Click Please !!  FC2ブログランキングに参加しています。
すっかり寒くなりましたね。 最近、コンビニのおでんにハマっています。 

センターのクリスマス

ミルトンキーンズのセンター

ミルトンキーンズの中心部は 「 センター 」 と呼ばれています。
そのセンターにあるショッピング・モールも、この季節、様変わりします。

大きなクリスマス・ツリー、メリーゴーランド、サンタさんのアトラクション… 
ある年は特設スケート・リンクまで登場していました。

最近、日本でもいろいろなところでクリスマス・イルミネーションが見られますが、かえって、ヨーロッパのものより豪華で綺麗じゃないかと思います。 UKのそれは派手さこそないものの、子供たちが純粋に楽しめる素朴なものなのです。

Logo
↑ Click Please !!  FC2ブログランキングに参加しています。
昨晩はまたパソコンの前で寝てしまいました。 なのでこんな時間にアップ!

ドナウの真珠

ブダの王宮

ゲッレールトの丘から見たブダの王宮です。
奥に見える尖塔はマーチャーシュ教会。
( 参考: ブダのマーチャーシュ教会

ドナウ川左岸のブダの中心部はこんな感じに小高い丘が続いています。
右岸のペストは比較的フラットですね。

遠くに広がる街の光も宝石を散りばめたようにきれいでした。
まさに 「 ドナウの真珠 」 ですね。

世界遺産

Logo
↑ Click Please !!  FC2ブログランキングに参加しています。
Time flies... 11月も一瞬で終わってしまいました。
いよいよ師走。 少し、この一年を振り返る時間を持ちたいと思います。 

FC2カウンター

プロフィール

Nobby

Author:Nobby

1日1ポチお願いします

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。