スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ヨーク・ミンスター

ヨーク・ミンスター

ウィットビーからノース・ヨーク・ムーアを横切り、ヨークにやってきました。
南のカンタベリーと並び、イギリス国教会の中心として栄えてきた街です。

写真は街のシンボル ヨーク・ミンスター
イギリス最大のゴシック建築の教会です。

単純にかっこ良かったです。


Logo
↑ 1日1回ポチッとお願いします。 筆者のモチベーションが上がります。
2日連続で出張でした。 疲れましたぁ… 

ウィットビー・アビー

ウィットビー・アビー

お気に入りの北の港町 ウィットビー

その海岸近くの丘の上に、ウィットビー・アビー(修道院)があります。

今では廃墟となっていますが、建物はすごく立派でした。

丘の上からはウィットビーの町並みと荒々しい北海を望むことができます。

今にも雨が降り出しそうな黒雲を背景に一瞬、陽が射したアビーがくっきりと
浮かび上がりました。


Logo
↑ 1日1回ポチッとお願いします。 筆者のモチベーションが上がります。
またパソコンの前でウトウトしてしまいました。 おやすみなさい… 

霧のゴースランド

霧のゴースランド

ノース・ヨーク・ムーアのど真ん中にある小さな村 ゴースランド。

アポなし突撃でなんとか泊めてもらったのは 「 INN ON THE MOOR 」
という小さなホテルでした。

翌朝、レストランに降りると、客は私一人。

冬の季節にムーア(=荒野)を訪れる人は少なく、かつ平日だったので、
なおさらのことだったのでしょう。

レストランのテラスの窓際に座り、まずは暖かい紅茶を頂きます。

窓の外は霧で真っ白。

時間が本当にゆっくり流れています。

こんなに充実した朝は、今までなかったのではないかと思うくらい、
凄く満たされた時間でした。

写真は霧につつまれたゴースランド駅です。
ハリーポッターの魔法学校 ホグワーツ行き特急の終着駅ホグズミード
の撮影地として有名ですね。

またいつか、あんな時間を過ごせたらなぁ…


Logo
↑ 1日1回ポチッとお願いします。 筆者のモチベーションが上がります。
オバマさんの就任式はライブで見ました。 副音声の英語で聞き取ろうとチャレンジしましたが、ダメでした。 

モンキーハンガーのお話

モンキーハンガー

久しぶりにイギリスに戻りましょう。

赴任した当時、週に1回、英語のレッスンを受けていました。
レズリーというとても元気なおばちゃんが先生でした。

あるレッスンの時に、出身地によって呼び名があるという話題になりました。 
例えば、
  コックニー(Cockney) … ロンドンっ子
  スカウサー(Scouser) … リバプールっ子
  ジョーディー(Geordie) … タイン川沿岸地方の人
日本で言えば、江戸っ子や浪速っ子のような感じでしょうか?

その後、レズリーは笑いながら、私に宿題を出したのです。
イングランド北東部の街、ハートリープールの人たちは、モンキーハンガー
(Monkey hanger) と呼ばれています。 何故でしょう?

調べました。 (^_^;)

昔、ナポレオン戦争の時代にフランスの軍艦がハートリープールの沖で
難破しました。 難破した船の残骸が岸に漂着したのですが、唯一の
生存者はフランスの軍服を着たサルだったのです。 おそらく、船上での
娯楽用に連れて来られていたものと思われます。 フランス人というものを
見たことがなかったハートリープールの人たちは、尋問しても何も答えない
サルをフランスのスパイだと思い込み、絞首刑に処してしまいましたとさ…

「 サルを吊った人たち = Monkey hanger 」 

ちょっとバカにした表現のようなので、ハートリープール出身の本人の
前ではあまり使わない方がいいと思います。

ちなみに、レズリーの彼氏がハートリープール出身だったというオチでした。

写真は、そのハートリープールのハーバーの先で見つけたサルの銅像です。
どこにあるか分からず街中歩き回り、暗くなってからようやく見つけました。

このお猿さんに会うために、ハートリープールを訪れたのでした。


Logo
↑ 1日1回ポチッとお願いします。 筆者のモチベーションが上がります。
長文失礼しました。 

ザ・スパイア

ザ・スパイア

こんばんは。

忙しい1週間が終わりましたぁ…
なんとかパソコンの前には座るのですが、そのまま意識を失う日々が
続いておりました。

さて、久々の更新はアイルランドの首都 ダブリンの新しいランドマーク
その名も 「ザ・スパイア」 です。

( スパイア = Spire = 尖塔 という意味です。)

ダブリンの中心 オコンネル・ストリートのど真ん中にあって、
天を突き刺しています。

ステンレス製の槍は遠くからも目立ち、異彩を放っていました。


Logo
↑ 1日1回ポチッとお願いします。 筆者のモチベーションが上がります。
1ポンド = 118円 ?!   何だそりゃ?

しめ縄?

藁の馬

ブタちゃんの次はお馬ちゃんです。

これも、ザルツブルクのマーケットで見つけました。

なんとなく、しめ縄チックですね。


Logo
↑ 1日1回ポチッとお願いします。 筆者のモチベーションが上がります。
明日は5時起きなのでもう寝ます。 おやすみなさい…

ブタ・ブタ・コブタ

ブタちゃんのお菓子

ザルツブルクの街で見かけたブタちゃんのお菓子です。

他にもたくさんの種類のブタちゃんのお菓子がありました。

食べるのに気が引けちゃいますね。


Logo
↑ 1日1回ポチッとお願いします。 筆者のモチベーションが上がります。
週末は家にこもってお仕事でした。 今週も忙しいぞぉ…

塩の街

ザルツブルク遠景

こんばんは。

一度寝たのですが、目が覚めちゃいました。
明日は朝一から会議なのに…
夜更かしはいけません。

さて、今日はオーストリアに行ってみましょう。
モーツァルト生誕の地として有名なザルツブルクです。

ザルツブルク (Salz burg) とは 「塩の城」 という意味で、
実際に塩の交易で栄えたそうです。

街の中心を流れるのはザルツァッハ川 = 「塩の川」 
まさに塩の街ですね。

写真は街の南側の丘の上にそびえるホーエンザルツブルク城
からの眺めです。

こじんまりとした街ですが、大聖堂(DOM)や大司教館などが
ぎゅっと集まっていて、見ごたえ十分。

さすが世界遺産の街ですね。

世界遺産

Logo
↑ 1日1回ポチッとお願いします。 筆者のモチベーションが上がります。
1月も半分が終わりましたね。 早く春にならないかなぁ…

湖のほとりの教会

チョルトニン湖のほとりの教会

チョルトニン湖のほとりにあった教会です。
名前は覚えていません。

おとぎ話に出てきそうな尖塔がとてもかわいい教会でした。

カモメ君もバランスの良い飛行姿勢を見せてくれました。


Logo
↑ 1日1回ポチッとお願いします。 筆者のモチベーションが上がります。
最近、ちょっと喉に違和感があるのですが、加湿器のおかげでなんとかキープしています。  

横断中

横断中

レイキャビクの中心部にチョルトニン湖という小さな湖があります。
市民の憩いの場で、この季節は野外スケート場にもなるそうです。

市庁舎の近くの凍っていないエリアは、白鳥や鴨などの水鳥でいっぱい。
歩道にも凄い数のガンが、大行進していました。

通せんぼされても、笑いながら、ゆっくり運転。
微笑ましい景色でした。


Logo
↑ 1日1回ポチッとお願いします。 筆者のモチベーションが上がります。
FerrariのF-1の新車が発表になりました。 その名もF60 ? なんて紛らわしい名前なんでしょう。
それにしても今年のクルマは格好悪い…  

グトルフォスの滝

グトルフォスの滝

こんばんは。
週末はあっという間に終わってしまいました。

土曜日は長年の課題であったCDの整理をようやく実行しました。
IKEAでいい感じのCDラックを見つけて2つ購入。
早速、組み立てて、すっきり収納することができました。

ミルトンキーンズにもIKEAがあり、良く行っていましたね。
久しぶりにIKEA名物のミートボールを食べて、懐かしかったです。

さて、今日の写真はアイスランドを代表する滝、グトルフォスの滝です。

レイキャビク発の 「ゴールデンサークル・ツアー」 に参加して、
連れて行ってもらいました。

残念ながら、この写真では実際の滝の迫力は伝わってきません。

上流の階段状になっている部分のうねるような水流、
下流の部分では、轟音とともに一気に落下していきます。

写真の左側の岩の上あたりに、人がいるのが見えるでしょうか?
私も雪にまみれながら、このポイントまで行ってきました。
とにかく寒かった…
間近で見る滝はさらに強烈でした。 
苦労して歩いた甲斐はありました。

流量が増える夏のシーズンにもう一度、訪れたいですね。


Logo
↑ 1日1回ポチッとお願いします。 筆者のモチベーションが上がります。
明日は仕事です。 やっぱり成人式は1月15日だと思う… 

レイキャビクの街

レイキャビクの街並み

4年前のこの季節、アイスランドの首都 レイキャビクを訪れました。

北緯はなんと64° 私が今まで訪れた中で最北の地です。
(ちなみに稚内で北緯 45°です。)

なので、冬至に近いこの季節は、昼間が超短いのです。
明るくなるのが10時頃で、4時頃には暗くなります。
太陽のパワーも弱く、真昼でも夕暮れ時のような感じでした。

写真は、その貴重な昼間の時間に、ハットルグリムス教会の
尖塔の上から眺めた レイキャビクの中心部です。

これが首都? というくらい、こじんまりとした街でした。


Logo
↑ 1日1回ポチッとお願いします。 筆者のモチベーションが上がります。
やっと週末。 ゆっくり寝たいです…

水仙

こんばんは。

ふやけた頭にムチ打って、なんとか3日目。
やはり疲れているんでしょうね。
パソコンの前には座るのですが、更新する気力は残っておらず、
そのままベッドにゴロン…

さて、今日の写真は前回に引き続き、プチ撮影会でのショットです。

イギリスでは春の訪れを告げる 水仙 = Daffodil

北鎌倉ではモミジの紅葉と蝋梅と水仙を同時に見ることができました。
この季節は、一年で一番モノトーンな季節だと思っていましたが、
探せば 「色」 はたくさんありますね。


Logo
↑ 1日1回ポチッとお願いします。 筆者のモチベーションが上がります。
今夜未明から大雪だとか…  春はまだ遠いですね。

蝋梅

蝋梅

今日が仕事始めのみなさんも多かったと思いますが、
私は有給取得促進日で、もう1日お休みを頂きました。

冬休み最終日は風景写真同好会の隊長(会なのになぜか隊長)
と二人で、北鎌倉方面へプチ撮影会に出かけました。

思ったより人出は多かったですが、それでもオフシーズン、
落ち着いた冬の北鎌倉を楽しむことができました。

写真は蝋梅(ロウバイ)の花です。
透けてしまうくらい薄い花びらでした。

予想以上に撮影が楽しめたので、今年はまたこのような
プチ撮影会を頻繁にやろう! と隊長と意見が一致。

日本も素晴らしい風景がたくさんありますね。
今年は Discover Japan も一つのテーマにしたいと思います。


Logo
↑ 1日1回ポチッとお願いします。 筆者のモチベーションが上がります。
こんなふやけた頭で明日から仕事ができるのでしょうか… 

ウィーン最古の教会

ルプレヒト教会

ウィーン最古の教会 ルプレヒト教会です。

リング内の北の外れ ドナウ運河を見下ろす高台に
背の高い建物に囲まれてひっそりとたたずんでいました。

からまるツタがいい感じでした。


Logo
↑ 1日1回ポチッとお願いします。 筆者のモチベーションが上がります。
今日は初詣に行ってきました。 平和な一年でありますように… 

ランズエンドの海

4年前の冬休みはイングランド南西部のコーンウォール地方を
訪ねました。

最終目的地は英国本土最西端の地 ランズ・エンド

ここへ来るまで、UKの冬らしい曇天が続いていたのですが、
急に雲の切れ間から光が射し込みました。

神の仕業としか思えない幻想的な景色でした。


Logo
↑ 1日1回ポチッとお願いします。 筆者のモチベーションが上がります。
今日は一日、部屋の片付けをしていました。 すっきり! 

Happy New Year 2009

サッカラの階段ピラミッド

新年あけましておめでとうございます。

お天気にも恵まれ穏やかな元旦でした。

年末、奥日光の温泉に浸かりながら考えた2009年の目標の一つ
ダイエット達成はおいしいお雑煮の前では早速、厳しい状況です…

さて、2009年はピラミッドからスタートしましょう。

3年前の冬休みにエジプトのカイロを訪れました。
砂漠の夏はメチャクチャ暑いので、この季節が観光には
ベストシーズンだと聞きました。

写真はサッカラの階段ピラミッド
ジェセル王が建設した世界最古のピラミッドです。

この階段ピラミッドが原案となり、のちに綺麗な四角錐の
真正ピラミッドに進化していったそうです。

ちなみに、年末に片付けをしていた時に見つけたのですが、
T-SQUAREの 「B.C. A.D.」 というアルバムのジャケット写真が
この階段ピラミッドでした。 ちょっと感動。

世界遺産

Logo
↑ 1日1回ポチッとお願いします。 筆者のモチベーションが上がります。
何かと暗い話題が多いですが、2009年が平和な一年でありますように… 

FC2カウンター

プロフィール

Nobby

Author:Nobby

1日1ポチお願いします

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。