スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大鐘楼より

大鐘楼より

こんばんは。

今週は何かと忙しく更新をサボってしまいました。

さて、今日の写真はヴェネチアの中心 サンマルコ広場の
大鐘楼からの眺めです。

正面に見えるのがサンマルコ寺院
5つのドームがオリエンタルなムードを醸し出しています。

島の北岸まで茶色い瓦屋根の建物がビッシリ続きます。
こんな小さな写真ではその密度感は十分表現できませんね。

とんだハプニングから始まった今回のヴェネチアは2回目の
訪問でした。 この魅力的でフォトジェニックな空間は
何度訪れても飽きそうにありません。

世界遺産

Logo
↑ 1日1回ポチッとお願いします。 筆者のモチベーションが上がります。
昨日は飲み会でした。 最近ますますお酒に弱くなってきたような気がする…

ガラス職人の運河

ガラス職人の運河

客引きのボートに連れてきてもらったのは、ムラーノ島の南の玄関 
ヴェネチア本島に一番近いコロンナという停留所の傍でした。

そこから北に向かって細い運河がのびています。

両岸にヴェネチアン・グラスの工房やショップが並ぶことから
ガラス職人の運河 (Rio de Vetrai) と呼ばれているそうです。

写真の奥がコロンナの方で、見えている塔はサン・ミケーレ島
教会です。

写真の手前側に進むとムラーノ大運河 (Canal Grande) に出ます。

世界遺産

Logo
↑ 1日1回ポチッとお願いします。 筆者のモチベーションが上がります。
明日は朝が早いのでもう寝ます。 おやすみなさい。

捨てる神あれば…

ムラーノ島のコロンナ

昨日の続きです。

カウンタで何を言ってもクローズはクローズ。
結局、次の日の朝一の便に変更してもらい、空港の近くのホテルに
泊まることにしました。

フライトの変更料金とホテル代…  高くつきました。

翌朝、気を取り直して、ヴェネチアに飛びました。
お昼前にはヴェネチア本島に到着。
実質観光時間への影響は最小限に抑えることができました。

ホテルはヴェネチア本島の玄関 ローマ広場のすぐ近くでした。
到着が遅れることは事前に電話しておいたので、問題なく
チェックイン。 ( 直前だったのでキャンセルはできず。 )

ホテルの受付のおじちゃんに、事の次第を話していたら
気を使ってくれたのか、ムラーノ島まで無料でボートで送って
あげるというのです。

ちょっと胡散臭いなと思いつつも、失った半日を挽回したかったので
お願いすることにしました。

モーターボートで突っ走るヴェネチアの海の風は本当に気持ち良く
前夜の悪夢をすっかり吹き飛ばしてくれました。

結局、このボート・サービスはヴェネチアングラスの工房への客引き
だったのですが、強引な勧誘もなく、間近でガラス細工の実演も
見せてもらえて、実にお得な気分を味わうことができました。

ヴェネチアの神に拾われました。


Logo
↑ 1日1回ポチッとお願いします。 筆者のモチベーションが上がります。
何故に週末はこんなに早く過ぎ去ってしまうのでしょうか…

いらいら大渋滞

ロンドン大渋滞

旅のトラブルの話は今まで何度か書いてきましたが、3年前のヴェネチア
行きが最大のドジだったかもしれません。

UKからイタリアへ飛ぶ便は、ロンドンの南側にあるガトウィック空港発
がほとんどです。

今回もおなじみ easyJet のガトウィック空港発の便を予約していました。

フライトが夜だったので、少し早目に出て、ロンドン中心部の有名な
日本食屋さんでランチを取ることに。

普通、ミルトンキーンズからガトウィック空港に向かう時は、ロンドンを
大きく囲んでいるM25というモーターウェイをぐるっと回るので、
ロンドンの中心部を通る必要はありません。

ランチの後、M25に戻ろうか迷ったのですが、結局、一般道を南下する
ことにしました。 これが悪夢の始まりでした…

この日はあいにくの雨も影響してか、一般道は凄い渋滞でした。
しかも初めての道だったので、ナビ様の言うことを聞くしかありません。
抜け道も何度かトライしましたが、どこも混んでいて八方塞がりの状態に。

それでもマージンは取っていたので、最初は余裕があったのですが、
渋滞の酷さは完全に想定の範囲を越え、本当に焦ってきました。

南下するにつれ徐々に渋滞はマシになり、M25を越えて最後の追い上げ。

駐車場に入れていたら間に合わないので、取りあえず出発ロビーの
前にクルマを横づけにして猛ダッシュでカウンターへ!


受付は10分前にクローズしていました…  

つづく…


Logo
↑ 1日1回ポチッとお願いします。 筆者のモチベーションが上がります。
紫外線が強いですね。 外に出ていたらすっかり焼けてしまいました。

紅いマロニエの花

紅いマロニエ

こんばんは。

長い1週間が終わりました。 さて…

この季節、UKではマロニエ(セイヨウトチノキ)の白い花が咲きます。
ミルトンキーンズでも街路樹としてたくさん見ることができました。

写真は、紅いマロニエの花。 ベニバナトチノキという種類のようです。

ちなみにマロニエ (marronnier) はフランス語。
英語では Horse Chestnut と言います。 直訳すると馬の栗ですね。

秋には、イガのない緑色の大きな実が成ります。


Logo
↑ 1日1回ポチッとお願いします。 筆者のモチベーションが上がります。
ソファで寝てしまい、目が覚めちゃいました。 2回目、寝ます。

菜の花畑と雲

菜の花畑と雲

昨日の雪見が丘の続きです。

来た道を引き返すのはつまらないので、村を通り抜けて
さらに進んで行きました。

すると、見事な菜の花畑が広がっていました。

風に流される雲が立体的に浮かびあがり、油絵のような表情を
見せてくれました。


Logo
↑ 1日1回ポチッとお願いします。 筆者のモチベーションが上がります。
昨晩はここまで書いたところで気を失っていました。 なので、珍しくこんな時間の更新です。

雪見が丘より

雪見が丘より

こんばんは。

今日は朝の8:30から夕方6:30まで、ずーっと会議。
最後まで集中力を切らさないようにするので必死でした。 ふ~っ。

さて、今日の写真は何度も紹介しているスノースヒルからの眺めです。
(過去の記事はコチラをどうぞ。)

雨があがって、ちょうど陽が射しこんできたところです。

羊も気持ち良さそうでした。


Logo
↑ 1日1回ポチッとお願いします。 筆者のモチベーションが上がります。
セ・パ交流戦のニュースで初めて見たのですが、羊が丘のクラーク先生の向こう側、
あんな近いところに札幌ドームができたんですね。 かなりショックです…

ウェルズのメインストリート

ウェルズのメインストリート

こんばんは。

今日の写真はウェルズのメインストリートです。
(前回の記事はコチラ

車道の脇に溝が掘られているのが分かるでしょうか?

正面のウェルズ大聖堂の手前に泉があり、そこから
水が流れてきています。

まだ明るいですが、時刻は夜の7時。
お店は一軒も開いておらず寂しいメインストリートでした。


Logo
↑ 1日1回ポチッとお願いします。 筆者のモチベーションが上がります。
明日は一日中会議です。 憂鬱…

スローターズの馬

スローターズの馬

こんばんは。

今日の写真はアッパー・スローターとロア・スローターとをつなぐ
小道沿いで見かけた仲のいい二頭です。

こんな微笑ましい風景に普通に出会えるのが、UKのフットパスの
いいところですね。


Logo
↑ 1日1回ポチッとお願いします。 筆者のモチベーションが上がります。
週の頭から飛ばし気味でした。 五月病になる暇もありません…

○○シャー

オックスフォードシャーの看板

こんばんは。

今日の写真はバーフォードのメインストリートで見つけた味のある看板です。

「 OXFORDSHIRE 」 の 「 SHIRE 」 は行政区域のことで日本で言うと
都道府県のようなものにあたります。

「 SHIRE 」 単独ではシャイアと発音するのですが、
「 OXFORDSHIRE 」 では何故かオックスフォード シャーと発音します。

ちなみに私の住んでいたミルトンキーンズは バッキンガムシャー

中学の地理で習った産業革命発祥の地は ランカシャー地方

ヨークシャー・テリアやヨークシャー・プディングで有名な ヨークシャー

意外と 「 シャー 」 は身近なところにあるのです。


Logo
↑ 1日1回ポチッとお願いします。 筆者のモチベーションが上がります。
今日はスーパー銭湯に行ってスッキリ。 さぁ、また1週間です。

チェダー峡谷

チェダー峡谷

こんばんは。

昨日は同期のみんなと久しぶりの飲み会でした。
楽しかったぁ!
やっぱり気兼ねなく話せる同期は大切ですね…

さて、今日の写真はチェダー・チーズ発祥の地 チェダー峡谷です。

峡谷の両側に切り立った石灰岩の崖が続いています。

この岩が石灰岩であるというのがポイントです。

石灰岩が長い年月をかけて雨水によって侵食された結果、
鍾乳洞が形成される。
 ↓
鍾乳洞の中は一年を通して温度と湿度が一定で、チーズを
保存・熟成させるのに最適。
 ↓
この環境を利用してチェダー・チーズが生まれ、世界中に広まる。

と言った具合です。

峡谷の下流のチェダー・ゴージ・チーズ・カンパニーで、お土産を
買って帰ったのは言うまでもありません。


Logo
↑ 1日1回ポチッとお願いします。 筆者のモチベーションが上がります。
昨日は飲み過ぎたので、今日は昼まで爆睡でした…

夕暮れのビッグ・ベン

夕暮れのビッグ・ベン

こんばんは。

今日の写真は説明する必要はないでしょう。
That's London という風景ですね。

特筆すべきはビッグ・ベンの大時計が指す時刻。

緯度の高いイギリスでは、6月末の夏至に向けてどんどん
日が伸びています。

この日はちょうど5年前の今日。

夜の8時でようやく夕方らしくなってきたかなという感じでした。


Logo
↑ 1日1回ポチッとお願いします。 筆者のモチベーションが上がります。
夜更かしが続いたので、今日は早めに寝ます。

新緑のボートン

コッツウォルズも新緑が美しい季節でしょうね。

ボートン・オン・ザ・ウォーターはその名の通り、村の中心に小川が流れ、
小さな橋がたくさん架かっています。

柳の新緑がとても綺麗でした。


Logo
↑ 1日1回ポチッとお願いします。 筆者のモチベーションが上がります。
GWは近場だけだったので、夏休みは遠出したいなぁ…  今年は早めに計画しよう!

壁の色

レーゲンスブルクの街角

5年前の今日、ドイツのレーゲンスブルクを訪れました。

大陸側、特にドイツは建物の壁の色が本当にカラフルです。
パステル調の色使いが可愛いですね。

レーゲンスの旧市街の通りにも、たくさんの色が溢れていました。

世界遺産

Logo
↑ 1日1回ポチッとお願いします。 筆者のモチベーションが上がります。
久しぶりにランキング3位に入りました。 応援ありがとうございます!

旧セント・メアリー教会

旧セント・メアリー教会

こんばんは。

5日週が始まりました。 最後まで持つのでしょうか…?
金曜日に同期の飲み会があるので、それをモチベーションに
乗り越えたいと思います。

さて、今日の写真はWoburnの旧セント・メアリー教会です。

Woburn (ウーバン 正しい発音はウォゥバンという感じ) の町を
紹介するのは今回が初めてですね。

ミルトンキーンズからクルマで10分くらいのところにある小さな町ですが、
周辺にはウーバン・アビー(修道院)、ウーバン・サファリ・パーク、
ウーバン・ゴルフ・クラブなど有名なスポットがたくさんあります。

町の中心にあるこの教会は、ヘリテージ・センターになっていました。

尖塔の屋根の造形が格好良く、夕暮れ時に浮かび上がるシルエットが
とても気に入っています。


Logo
↑ 1日1回ポチッとお願いします。 筆者のモチベーションが上がります。
それにしてもブラウンGPは強いですね。 旧ホンダ首脳陣はどんなに悔しいことでしょう…

ウィンダミア湖 西岸より

ウィンダミア湖西岸

もう6年前になります。
赴任して最初の遠出は、湖水地方を訪れました。
(過去の記事はコチラをどうぞ。)

ウインダミア湖は東岸が開けているのですが、何故か西岸の細い道を
北上して行きました。

豊かな新緑と渓流が続くとても気持ちいいドライブでした。


Logo
↑ 1日1回ポチッとお願いします。 筆者のモチベーションが上がります。
やはり2日間はあっという間ですね…

ナッシュの家とニュー・プレイス

ナッシュの家とニュー・プレイス

こんばんは。

今日はシェークスピアゆかりの地を紹介しましょう。

ストラトフォード・アポン・エイヴォンの中心部に少し開けた
一角があります。

この建物がナッシュの家。
シェークスピアの孫娘が暮らしていたそうです。

そして建物の手前の空間がニュー・プレイス。

劇作家として成功をおさめたシェークスピアがロンドンから戻り、
ここで晩年を過ごしたそうです。

当時、町一番の豪邸だったそうですが、今は庭園が残るのみ…
ちょっと残念ですね。


Logo
↑ 1日1回ポチッとお願いします。 筆者のモチベーションが上がります。
すっかり夜更かししてしまいました。 もう寝ます。

菜の花の季節

クランフィールドの菜の花畑

こんばんは。

なんとかGW明けの2日間を乗り切りました。

週末は土・日と2日間お休みなのですが、12連休の中の2日間よりも、
断然、価値が高いように思います。

さて、今年も菜の花の季節が来ました。

今までも紹介してきましたが、(過去の記事はコチラをどうぞ)
やはり一面の黄色い絨毯は何度見ても感動しますね。

この春からUKに赴任したNさん、 今年もきれいに咲いていますか?


Logo
↑ 1日1回ポチッとお願いします。 筆者のモチベーションが上がります。
GW中にスラムドッグ$ミリオネアを観に行きました。 ちょっと期待値が高過ぎました。

連結

連結

こんばんは。

GWもとうとう最終日となってしまいました。

最終日の今日はゴルフ・コンペでした。

願いは通じず、あいにくの雨。 
午前中は降ったり止んだりでしたが、午後はずっと降りっぱなしでした。

公開コソコソ練習のかいもあってか、スコアはそこそこまとまり、
たくさん頂いたハンデのお陰で3位(タイ)に入りました。

ただ、凡ミスが多かったですね。
技術面というよりも精神面の問題です。
まだまだ修行が足りません…

まぁ、GWの最後を締めくくるのにふさわしい楽しいコンペで良かったです。


今日の写真はアムステルダムの駅の風景です。

巨大なカマボコ型の屋根とレンガ造りの駅舎が素敵でした。


Logo
↑ 1日1回ポチッとお願いします。 筆者のモチベーションが上がります。
取りあえず、2日間乗り切ることに集中しよう!

運河の街

運河の街

昨日に引き続き、オランダの旅を紹介しましょう。

アムステルダムの街の中心部はアムステルダム駅を中心に
運河が何重にも広がっています。

運河に面した通り沿いの建物はちょっとしたファサードを持っていて
その個性的な飾り付けは見ていて飽きません。

やはりこの街はクルーズ船に乗って、運河から眺めるのがお勧めです。


Logo
↑ 1日1回ポチッとお願いします。 筆者のモチベーションが上がります。
明日はGW最終日。 Gコンペです。 手堅くいくぞ!

ストライプ

ストライプ

こんばんは。

GWが駆け足で過ぎ去っていきます。 もっとゆっくりすればいいのに…

さて、今日の写真はオランダのキューケンホフ公園周辺の畑です。

色が地味なのは、すでにチューリップの花が刈り取られてしまった後だから。
球根を育てるのが目的なので仕方がないのですが、やはりもったいないです。

ここを訪れたのは4月30日。
もう少し早ければ、原色が鮮やかなストライプだったことでしょう。 残念…


Logo
↑ 1日1回ポチッとお願いします。 筆者のモチベーションが上がります。
今日はプールに行ってきました。 全身運動による心地良い疲労感のおかげで眠気が襲ってきました。

ボート乗り場

ボート乗り場

こんばんは。

早いもので、GWも後半戦です。
昨日、今日は 「1000円渋滞」 が凄いことになっていましたね。
私は前半に積極的に活動した分、後半はのんびりしています。

今日の写真はブルージュのボート乗り場です。

「北のベニス」 では、ゴンドラではなくボートによる運河ツアーが人気です。

この日はあいにくのお天気だったので、お客さんはまばらでした。


Logo
↑ 1日1回ポチッとお願いします。 筆者のモチベーションが上がります。
お天気が下り坂のようですね。 水曜日のコンペは晴れますように…

FC2カウンター

プロフィール

Nobby

Author:Nobby

1日1ポチお願いします

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。