スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

乙女のパティオ

アルカーサル

セビリアの街の中心部にイスラム時代の王宮 アルカーサルがあります。

レコンキスタ (キリスト教によるイベリア半島の再征服活動) の後、
キリスト教王の王宮となり、歴代の王によって改築が繰り返されたため、
王宮内ではさまざまな様式を見ることができます。

その中でも、アルハンブラ宮殿の職人を連れてきて造らせたという
ペドロ1世宮殿は一番の見所で、イスラム様式とキリスト様式が融合した
ムデハル様式を見ることができます。

植物をモチーフにしたアラベスク模様の細かなタイル細工が本当に
きれいでした。

写真はペドロ1世宮殿の乙女のパティオと呼ばれる空間です。
アーチひとつひとつに施された彫刻が見事でした。

世界遺産

Logo
↑ 1日1回ポチッとお願いします。 筆者のモチベーションにつながります。
今日もお休みを頂きました。 明日は復活の予定です。
コメント
コメントフォーム
Name
Mail
URL
Subject
Comment

Pass
Secret
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

▼トラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2カウンター

プロフィール

Nobby

Author:Nobby

1日1ポチお願いします

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。